1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 旅に出る前にチェック。スマホの電池を長持ちさせるひと工夫

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

旅に出る前にチェック。スマホの電池を長持ちさせるひと工夫

写真撮影に地図アプリ、音楽視聴、グルメ情報探しなど、旅行では何かとスマホの出番が多いですよね。旅行中こそスマホが必須なのに、出番が多くて電池切れ……なんて経験をしたこともあるのではないでしょうか。

モバイルバッテリーを持ち歩けば少しは心配も減りますが、スマホの使い方次第で電池の消耗をぐっと減らすこともできるんです。旅行に行く前に、スマホの使い方を見直してみませんか?

明るすぎる画面は暗くする

スマホの電池を多く消耗してしまう原因のひとつが液晶画面です。液晶画面を明るくするほど電池の減りが早いので、不便がない程度に暗くしておきましょう。スマホによっては、状況に合わせて自動で明るさを調整する機能があるため、そのままにしておくと電池の消耗を早めます。あらかじめ画面の明るさの設定についてチェックしておきましょう。

通知音や操作音など、不要な音はオフor小さく

音を出したり、音量が大きいほど電池を消耗します。着信音や通知音を適度な音量にして、操作音も不要なものがあればオフにしましょう。操作時のシーンやアプリに合わせて、音量やオンオフの設定ができる場合は細かく調節しておくのもよいですね。バイブレーションも電池を消耗するので、不要なものはオフにしましょう。

Wi-Fi、Bluetoothを切る

携帯キャリアの通信量を抑えるため、常にWi-Fiをオンにしている方も多いですよね。ですが、この状態では常にアクセスポイントを探している状態になるのでバッテリーを消費しやすくなります。特にWi-Fiを使わない場合はこまめにオフにするクセをつけるのが大事。Bluetoothについても同じことがいえます。使わないときはオフにしましょう。

バックグラウンドの更新をオフ

アプリによっては、そのアプリを使っていない時も自動でアップデートしているものがあります。よく使うものであれば良いかもしれませんが、使用頻度の少ないアプリは余計に電池を消費してしまう一因に。設定画面で、重要度の低いアプリのバックグラウンド更新(もしくはデータ自動更新)はオフにします。

アプリのプッシュ通知を切る

メールやSNSのメッセージを受信すると、そのことが画面に表示されますよね、これがプッシュ通知という機能です。プッシュ通知をオンにしておくと、通知するたびに電源がオンになるため電池が消耗しやすいのです。リアルタイム性の低いアプリはプッシュ通知をオフにするのがおすすめです。例えば、ニュースサイトやメッセージアプリのなかでもすぐにメッセージを確認する必要のないものなど、細かく見直してみましょう。

音楽を聞くならダウンロードしておく

音楽を聞く場合、ストリーミングサービスならネット環境さえあれば好きなだけ聞くことができるので便利ですよね。ただ、音楽を聞いている間ずっとインターネットに接続しなくてはならないので、電池が減りやすくなってしまいます。旅先でも充電を気にせず音楽を聞きたいなら、事前にダウンロードしておくのが良いでしょう。

電池の持ちが良い端末にする

電池の持ちをもっと良くしたいと思うなら、そもそも「電池の持ちが良い端末」を選ぶのもひとつの手段。

これがBIGLOBEの大容量バッテリー搭載スマホ

Zenfone 3 Maxの詳細をみる

 

Zenfone 3 Maxの詳細をみる

 

スマホは使い方次第で電池の消耗を抑えることができます。スマホの電池がなくて地図が見れない、写真が撮れない、美味しいお店を探せない……なんて困ったことにならないよう、まずは使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

この記事もオススメ


  • BIGLOBE スマホの料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。
    おトクなキャンペーンも実施中です。