1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. ワイヤレス充電やQi規格とは?充電器選びのポイントとオススメ製品紹介!

ワイヤレス充電やQi規格とは?充電器選びのポイントとオススメ製品紹介!

ワイヤレス充電やQi規格とは?充電器選びのポイントとオススメ製品紹介!

ワイヤレス充電とは?

ワイヤレス充電とは、スマホを置くだけで充電できる技術です。iPhoneやAndroidスマートフォンの高機能モデルなどで採用されています。物理的な接触部がないことから「無接点充電」や「非接触充電」とも呼ばれています。

 

ワイヤレス充電のポイントは、置くだけで充電でき、ケーブルをつなぐ手間がないこと。ベッドサイドにワイヤレス充電器を置いておけば、寝る前にちょっとスマホを使ったときも、わざわざケーブルを挿すことなく、スマホを充電器の上に置くだけで充電されます。

 

一方で、充電速度はケーブルをつなぐ通常の方式よりも遅くなります。

メーカーをまたいで使える共通規格「Qi」

ワイヤレス充電には「Qi(チー)」という規格が存在します。2019年現在、ワイヤレス充電に対応するスマートフォンのほとんどがこのQiを採用しています。共通規格の便利なところは、メーカーを問わず使えること。Qiに対応していれば、iPhoneでもGalaxyでも充電できます。

 

また最近では、スマートフォン以外のアイテムでも、ワイヤレス充電に対応する製品が増えてきました。有名なところでは、Appleのイヤホン「AirPods」の充電ケースも第2世代でQi充電に対応しています。

 

Qi規格には出力(一度に充電できる速度)の違いがあります。Qi充電器を選ぶときは、スマートフォンが対応する充電速度をチェックして、それにあわせたQi充電器を選ぶと良いでしょう。

▲Qiのロゴマーク

Qi対応スマートフォン

2019年5月時点で販売されているスマートフォンの中から、Qi対応のスマートフォンを探してみました。

 

iPhoneはiPhone 8以降のすべての機種がワイヤレス充電に対応。GalaxyやHUAWEIの高性能モデルも多くがQiに対応しています。Xperiaは以前のモデルでQiに対応していましたが、最新のXperia 1では対応が見送られています。AQUOSは2019年夏モデルのAQUOS R3でQi対応となりました。

 

なお、大手3キャリアのスマートフォンは、2018年春モデル〜2019年夏モデルの中から抜粋しています。

 

iPhone

  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

 

Galaxy

  • Galaxy S9
  • Galaxy S9+
  • Galaxy Note9
  • Galaxy S10
  • Galaxy S10+

 

Xperia

  • Xperia XZ2
  • Xperia XZ2 Premium
  • Xperia XZ3

 

AQUOS

  • AQUOS R3

 

Pixel

  • Pixel 3
  • Pixel 3 XL

 

HUAWEI

  • HUAWEI Mate 20 Pro
  • HUAWEI P30 Pro

ワイヤレス“逆”充電も

最近のスマートフォンでは、スマートフォンからQi対応製品へ給電できる「逆充電」機能を搭載する製品が登場しています。アクセサリーのワイヤレスイヤホンなどにスマホから給電できるほか、他のスマートフォンを充電することもできるという機能です。

 

「逆充電」を搭載するスマートフォンはまだ少なく、2019年5月時点ではHUAWEI Mate 20 Pro、HUAWEI P30 Pro、Galaxy S10/S10+の4製品のみが搭載しています。

▲HUAWEI Mate 20 Proの“逆充電”機能(左)背中合わせにあてたiPhoneを充電可能(右)

Qi充電器の選び方とおすすめ製品

最後に、Qi充電器選びのヒントと、おすすめの製品をいくつか紹介します。

Qi充電器選びのヒント

(1)自分が使っているスマホの「Qi入力電流」を確認する

iPhoneシリーズの場合は、最大7.5Wで充電できます(参考:Appleのサポート情報)。

Galaxyシリーズの場合は、通常速度の5Wか9Wでの急速充電に対応。最新のGalaxy S10/S10+では、純正のワイヤレス充電器を使う場合に限り15Wの急速充電が可能です。

 

なお、安価な製品では、別売のUSB-ACアダプター(電源)が必要な場合があります。そうした製品でQiの急速充電を利用するためには、USB-ACアダプターも急速充電に対応した製品を用意する必要があります。

価格はやや高くなる傾向にありますが、スマートフォンメーカーが推奨の周辺機器として用意している充電器を選ぶのも1つの手と言えます。

 

(2)スタンド型、パッド型……使いたい形で選ぶ

Qi充電器の使い勝手は、置く場所によっても変わります。たとえば、ベッドサイドに設置するなら、置くときの角度を問わない平置きのパット型の製品を選ぶと使いやすいでしょう。普段作業するデスクに置く場合、角度が付いているスタンド型の製品を選ぶと扱いやすいです。

 

スマホと一緒にスマートウォッチなどを活用している人なら、スマートウォッチの充電スタンドと一体型になった製品を使うのもよさそうです。

おすすめのQi充電器はこれ!

Anker PowerWave 7.5 Stand

特徴:iPhone シリーズの7.5W充電にも対応するスタンド型の充電器。安価ながら、機種を問わずに使える便利な1台です。

 

価格:2,990円(税込)

※USB-ACアダプター別売

 

Spigen ワイヤレス充電器 F305W

特徴:スリムなパッド型充電器。iPhone、Galaxyも高速で充電できます。薄くかさばらないため、旅先のホテルなどで使うときにも便利です。

 

価格:3,890円(税込)

※USB-ACアダプター別売

 

Anker PowerWave 7.5 Car Mount

特徴:車載型のQi充電器。カーナビ代わりに使っているスマホを充電できます。自動車のエアコン吹き出し口に取り付けて使います。

 

価格:4,299円(税込)

※USB-ACアダプター別売

 

belkin Boost upワイヤレス充電ドック

特徴:Qi充電器のとなりにApple Watchの充電スタンドも用意。さらに充電用のUSB-A端子もあり、もう1台のスマホやワイヤレスイヤホンなども充電できます。Appleユーザーには重宝する1台です。

 

価格:14,847円(税込)

 

ワイヤレス充電の規格や種類を理解したうえで、自分に合った充電器選びに役立ててくださいね。

※本記事で紹介している製品の価格は、すべて2019年7月8日時点のamazonでの価格を参考にしています。

Contributor

石井徹

スマホにハマり100台以上購入。携帯電話専門のニュースサイトで記者を経験後フリーランスに。鉄道旅行好きで全国踏破が目標(残り2県)。ときどき料理男子。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?