1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. カメラマンが直伝!スマホで花火を撮るちょっとしたコツ

スマホ代安くなるカナ?
カメラマンが直伝!スマホで花火を撮るちょっとしたコツ

カメラマンが直伝!スマホで花火を撮るちょっとしたコツ

夜空に舞い上がる花火、きれいに撮影できたら素敵ですね。

でもスマホで撮るのはちょっと難しそう……?いいえ、ちょっとしたコツや工夫で、よりきれいに撮影することができるんです!

 

そんなスマホでの花火撮影のコツを、カメラマンでもある筆者がご紹介します。

三脚などを使ってスマホを固定

暗い夜にスマートフォンを手に持って撮影すると、明るい日中よりもずっと、手ぶれしやすくなります。
花火を撮影するときも、できるだけブレを避けるため、できれば三脚などを使って、スマートフォンを固定することをおすすめします。

 

スマホ用の三脚がさまざまなメーカーから販売されているので、そのなかから使いやすいものを選びましょう。

 

三脚が使えないときや、持っていても会場で使用が禁止されているときは、手ぶれしないよう、しっかりスマートフォンを構えましょう。
脇を締めて両手でホールドすると、ブレずに構えられます。

モード設定があるなら「花火」モードを使う

最近のスマートフォンのカメラには、撮りたいものに合わせて最適な設定をしてくれる「モード」設定があるモデルもあります。
「人物」や「動物」、「風景」など、さまざまなモードがあり、それぞれに最適な色や明るさで撮影できるようになっています。

 

自分のスマートフォンのカメラを確認して、「花火」モードがあったら使ってみましょう。
AIが自動で最適な設定で撮影してくれるものもあるので、そういった機能を使ってみるのもよいでしょう。

 

「花火」モードはないけれど「夜景」モードがあるという場合は、そちらを試してみてもいいと思います。ただ、スマホの機種によって、同じ「夜景」モードでも撮影結果に違いが出る場合があるので、モードがいくつかある場合は、それぞれ試してみるのもよいと思います。

 

この場合も、カメラができるだけ動かないように固定したほうが、きれいな写真が撮れるので、三脚などを使うのは有効です。

マニュアルモードを使う

通常、スマートフォンのカメラは、なにも設定しなくても押すだけで撮影できます。これは「オート」というモードで、撮影に必要な設定をすべてスマホが自動的に行っています。

おまかせできれいに撮れるのは、オートが適切に働いているから。

 

ただし、暗いところで撮る花火では、オートではうまく撮れないことが多くあります。

もしマニュアルモードがついている場合は、それで撮影してみましょう。
ポイントは、ISO、絞り、シャッタースピードの設定です。

 

花火撮影におすすめの設定は、

 

 

  • ISO 100
  • 絞り F10からF18のあいだ
  • シャッタースピード 1秒

 

この設定を目安に何枚か撮影してみて、環境に合わせてシャッタースピードと絞りを変えてみましょう。
花火の明るさによって、うまく撮れたり撮れなかったりすることがあるので、変更しながら試してみてください。

連写モードを活用する

打ち上げ花火の撮影は、タイミングがとても難しいです。うまく花火が広がった瞬間にシャッターを切るのはけっこう難しいもの。
なので、連写モードがあるなら、それで撮影してしまいましょう。

 

連写であれば、タイミングをあまり考えなくても大丈夫。あとでゆっくり、いい一枚を選べます。

 

三脚が使えるなら、セットしておくと、連写している途中で画角が変わったりすることも防げます。

フラッシュ、HDR機能、ズームの3つは使わない

フラッシュを使っても、遠くで上がっている花火までは届かないので、撮影にいい影響はありません。
まわりで花火を見ている人の迷惑にもなるので、必ずオフにしておきましょう。

 

HDR機能もオフにします。
HDRは、画像の明るさを比較して、数枚の写真を合成して調整し、鮮やかな写真を作成する機能です。
花火の撮影で使用すると、花火がブレた画像が撮影されたり、処理に時間がかかることで連写できなかったりするので、機能をオフにしておくことをおすすめします。

 

また、花火をアップにしたくて、画面を拡大して撮影している場合もあると思いますが、きれいな写真、という点からは、これはNG。
拡大すると画像が荒れてしまうので、ズームはせずに撮影するほうが、きれいな写真になります。

 

スマートフォンで見ると、目で見ているよりも花火が遠く感じると思います。
そんなときは思い切って、手前に立っている人を入れてみたり、風景と一緒に撮るのもおすすめです。
川面に映った花火なども、とても素敵ですよ。

とにかくたくさん撮影する!動画モードも活用して

花火撮影はタイミングが命。スマートフォンを使ってタイミングを狙うのは難しいので、連写モードも活用してとにかくたくさん撮影して、あとでいいものを選ぶのがおすすめです。

 

また、最近のスマートフォンは、動画の画質も上がっています。
連写も難しい、どうしてもきれいな一枚を残したい、というときは、動画で撮っておいて、そこからいい瞬間を切り出すのもよいと思います。

 

最高の一枚を目指して、たくさん撮影してみてくださいね。

Contributor

下司智津惠

IT系ライター/コピーライター/PC講師でフォトグラファー。今はライブ配信に興味があり、下北沢の一軒家で配信型ライブハウスを展開中。プロデューサー兼ライブ配信エンジニアとして、音楽配信を行っています。趣味はギター。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK