1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. LINEのトークで届いたURLをiPhoneの「Safari」で開く方法

スマホ代、安くなるカナ?
LINEのトークで届いたURLをiPhoneの「Safari」で開く方法

LINEのトークで届いたURLをiPhoneの「Safari」で開く方法

LINEで送られてきたウェブサイトを「Safari」で開けるようにする設定方法

「このお店どう?」とか、LINEで共有されたホームページの情報を見るとき、そのページを閉じないとLINEの返信ができなくて、なかなか不便ですよね。これはLINEで送られてきたURLにアクセスする際に、LINE内に備わったブラウザ機能を利用しているからです。

 

しかし、iPhoneである設定を行うことで、iOS標準のブラウザアプリである「Safari」を使って、ホームページを開くことができるようになります。これなら、何度もアプリを切り替えるだけで何度も同じページをチェックしつつ、LINEの返信も行うことができるでしょう。

 

なお、本稿における手順説明では、iOS 15.0.2を搭載する「iPhone 11 Pro」で、バージョン11.17.0のiOS版「LINE」を使っています。

▲LINEのブラウザでURLのリンクを開くと左のように表示されるはずだ。これではブラウザを閉じないと返信ができない。しかし、ある設定をすることで、LINEのトーク内のURLをタップするだけで、右のように「Safari」で開けるようになる

「LINE Labs」の機能をオンにしよう

LINEで送られてきたURLをSafariで開けるようにするには、執筆時点では、LINE内でテスト提供されている機能を有効にする必要があります。「LINE」を起動したら、「ホーム」タブを選択し、右上にある歯車のアイコンをタップ。下部にスクロールして「LINE Labs」をタップします。

▲「LINE」を起動後に、「ホーム」タブを選択し、歯車のアイコンをタップ(左)。「LINE Labs」をタップ(右)

この「LINE Labs」の設定を変えることで、正式版としては未提供の機能などが一部試せるようになります。今回は「リンクをデフォルトのブラウザで開く」のスイッチをオンにしてください。これで準備は完了です。

▲ここのスイッチをオン(右の状態)にしましょう。

 

あとは、トーク画面で送信されてきたURLをタップすれば、iOSの設定アプリで指定してあるデフォルトのブラウザが起動します。手動でカスタマイズをしていなければ、デフォルトの「Safari」が起動しますし、ChromeやFirefoxなど、ほかのブラウザアプリを指定していれば、そちらが起動します。

▲トーク内のリンクをタップすると(左)、Safariが起動しました(右)

 

今回紹介した「LINE Labs」の画面で提供される機能は、時期によって変わっていきます。本記事の執筆時点では、他にも面白い機能が提供されていましたので、興味のあるものがあれば、そちらも試してみるとよいでしょう。

Contributor

井上晃

フリーライター。スマートフォンやタブレット、スマートウォッチを中心に、雑誌やWeb媒体向けに記事を執筆する。Twitter:@kira_e_noway

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK