1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 2019年のGWどこ行く?国内で海外気分を味わえるおすすめスポット5選

2019年のGWどこ行く?国内で海外気分を味わえるおすすめスポット5選

2019年のGWどこ行く?国内で海外気分を味わえるおすすめスポット5選

2019年のGWは最大10連休!まだ予定を決めていない、というあなた。

 

国内にいながら海外旅行に訪れたような気分になれる場所へ足を運んでみてはいかがでしょう。海外の街並みを見事に再現したスポットもあり、非日常感を思う存分楽しむことができますよ。

 

ここでは、国内なのに海外旅行気分になれるスポットを5つご紹介します。

本当に日本?!海外旅行気分になれる国内スポット5つ

国内ならパスポートいらずで気軽におでかけができますよね。

さっそく国内にいながらにして、海外気分になれるスポット5つをみていきましょう。

 

ヴィラ・サントリーニ(高知)

ギリシャのサントリーニ島を模した贅沢な空間

ヴィラ・サントリーニ(イメージ画像)

※写真はイメージです

ヴィラ・サントリーニは、高知県にあるリゾートホテル。

ギリシャにある、エーゲ海に浮かぶサントリーニ島を模して造られました。サントリーニ島は、崖にそびえたつ白く四角い家々が特徴で、一度は訪れたい世界の名所としても有名です。

 

ヴィラ・サントリーニは、太平洋に面した高知の地形を生かし、建築様式にもこだわったホテルの外観や客室の内装は、現地さながら。日本にいることを忘れてしまうことでしょう。

 

 

志摩地中海村(三重)

家族やグループで地中海の雰囲気を楽しむ

志摩地中海村

志摩地中海村は、ホテルをメインとしたリゾート施設。外観や館内は地中海を思わせる白や青で彩られ、スパはアルハンブラ宮殿をイメージして造られました。

 

いたるところがフォトジェニックであり、日本有数のリアス海岸である英虞湾(あごわん)も一望できます。

地中海さながらの街並みと美味しい料理で、日本にいながら海外リゾート気分を満喫できます。

 

 

ロックハート城(群馬)

本物のお城で中世ヨーロッパ時代を満喫!

ロックハート城

ロックハート城は、10万平米もある敷地に英国スコットランドから移築・復元された本物のお城。

広々とした敷地内も、中世ヨーロッパを再現しフォトジェニックな写真を撮影できます。

 

またドラマや映画のロケ地としても有名。非日常的な空間で、アクティビティや食事を楽しめます。

ペットも同伴できたり、プリンセスドレスを身にまとって体験ができるなど、本物のお城で優雅な気分にひたれること間違いなしです。

 

 

モンゴリアンビレッジ テンゲル(栃木)

モンゴル直輸入の家でモンゴルの息吹を感じる

モンゴリアンビレッジ「テンゲル」(イメージ画像)

※写真はイメージです

那須高原にあるモンゴリアンビレッジ「テンゲル」では、モンゴル直輸入の家・ゲルに宿泊することができます。

ゲルの中には同じく直輸入されたかわいい家具がずらり。モンゴルの伝統的な楽器「馬頭琴」のコンサートが毎日開催されています。

 

敷地内には複数のゲルが立ち並び、まるでモンゴルの平原に舞い降りたかのよう。ちょっと変わった海外の生活が体験できます。

 

 

ハウステンボス(長崎)

オランダをイメージした美しい街並みが楽しめるテーマパーク

ハウステンボス

長崎のハウステンボスはヨーロッパをテーマにしたパーク。

「ハウステンボス」は「森の家」の意味。その呼び名の元となっている宮殿外観を忠実に再現したのが、「パレスハウステンボス」です。

 

また、パークのシンボルになっているドムトールンも、オランダ最古の教会・ドム教会にあるオランダでもっとも高い鐘楼を模して造られました。ディズニーリゾートの1.5倍もある敷地内はオランダの街並みが見事に再現されています。

 

国内ならいつでも安心しておでかけできる!

日本国内でありながら、海外を訪れたような気分になれるスポットがたくさんあります。ここなら海外旅行のように、言葉や長時間の移動もネックになりませんよね。

 

GWの旅行先としてぜひ検討してみてくださいね。

Contributor

中野友希

税理士・社労士補助や衛生管理者を経てフリーライターに。ガジェット・ヘルスケア・子育てなどを中心に『読むサプリ』をモットーに執筆中。@y_nakan0

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?