1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. 電子書籍は「Kindle」と「楽天Kobo」どっちがいい?

電子書籍は「Kindle」と「楽天Kobo」どっちがいい?

電子書籍は「Kindle」と「楽天Kobo」どっちがいい?

読書家のみなさんが持つ悩みには「読み終えた本の置き場所がない」「持って歩くのが重い」などが多いのでは?
そんな悩みを解消するのが「電子書籍」です。

 

スマホやタブレット、専用端末などを使って、データ化された書籍をディスプレイ上で読むので、読み終えた本が部屋を占領することもなければ、100冊分の書籍を持ち歩いてもカバンが重くなることはありません。


そんな読書家にうれしい電子書籍ですが、これって一体どのサービスを、どのように購入すればいいのでしょう?

電子書籍を購入するなら2大ストア

電子書籍は、さまざまな電子書籍ストアで購入することができます。
今回は利用者数が断トツに多い2大ストア「Kindle」か「楽天Kobo」を紹介します。


「Kindle」はAmazonが運営するストアで、最新のベストセラーやコミック、洋書など700万冊以上を取りそろえています。

日替わりや月替わりのセール、無料本なども展開しているので、掘り出し物も見つかります。

 

「楽天Kobo」は、楽天が運営する国内最大級のストア。

コミック、小説、ビジネス書など約300万冊を取り扱っています。無料や試し読みができる作品も数多くそろえているので、気軽に読むことができます。

Amazonユーザーは「Kindle」、楽天ユーザーは「楽天Kobo」

では、このふたつのどちらを選べばいいのでしょう?

サービスの優劣はほとんどないので、Amazonをよく利用する人は「Kindle」、楽天をよく使う人は「楽天Kobo」という選び方でOKです。

KindleはAmazonの「Kindleストア」、Koboは「楽天ブックス」から購入することになるので、よく利用するサイトから購入するほうが、メリットが多くなります。

 

ひとつは、普段から使い慣れているサイトのほうが利用しやすいという点があります。Amazonのシンプルなサイトに慣れていると、楽天の賑やかなサイトは少しわかりにくい。また楽天に慣れている人は、Amazonのシンプルさには物足りなさを感じるようです。

 

もうひとつは、購入時に付与されるポイント。普段の買い物と電子書籍の購入を統一しておけば、買い物でたまったポイントを電子書籍の購入時に使えるし、電子書籍で獲得したポイントは買い物でも使えます。

なので、サービスは統一しておいたほうがお得です。
 

Amazonも楽天もよく利用する人は……

Amazonも楽天も、どっちもよく使っているという人は、こんなところに注目して選んでみではどうでしょう?

プライム会員なら「Kindle」

Kindleの扱う書籍の特長は、豊富な品ぞろえで各ジャンルの作品数が充実しているところ。とくに小説や一般書に強い印象です。
また「Kindle Unlimited」という月額980円の定額読み放題サービスを行っています。

和書は12万冊以上、洋書は120万冊以上、コミックも3万冊以上が読み放題となります。


さらにプライム会員なら、約900冊の対象書籍を無料で読める「プライムリーディング」の利用が可能。

プライム会員であれば、Kindleを使わないのはもったいないですね。

安く読むなら「楽天Kobo」

楽天Koboは、Kindleに次ぐ作品数の多さで、幅広いジャンルをそろえています。なかでも、コミックの作品数が他ジャンルに比べて多いのが特徴です。

雑誌を読みたい人は、月額380円で450誌以上の雑誌が読み放題となるサービス「楽天マガジン」がお得。全13ジャンルで別冊やムックも含まれているので、雑誌をよく読む人にはうれしいサービスです。

 

さらに楽天Koboは、100円ごとに1ポイントがたまる「楽天スーパーポイント」が利用できたり、割引キャンペーンやクーポンなどを多く行っているのでお得です。

これらを利用すれば安く購読できるので、できるだけリーズナブルに本を読みたい人には、楽天Koboがおすすめです。

 
これらの特徴を比べてみて、自分にあった電子書籍ストアを見つけてみてください。

とはいえ、Kindleにはなくて楽天Koboにはある作品、またその反対のケースもあります。

もしお気に入りの作家やシリーズ作品があるなら、それを調べてから決めてみるのもひとつの方法です。小説はKindle、マンガは楽天Koboというように、ジャンルで使い分けるというのも賢い選択かもしれません。

自分なりのベストな使い方を見つけてみてください。

BIGLOBEモバイルなら容量を気にせず電子書籍を楽しめる

電子書籍を利用する上で注意したいのがスマホのデータ通信量です。
書籍や雑誌、コミックは動画ほど容量を追加するわけではありませんが、写真を掲載したものなどをたくさん読んでいると知らず知らずのうちに容量オーバーになってしまう可能性もあります。

 

安心して楽しみたい方には BIGLOBEのエンタメフリーオプションがおすすめです。

これは、YouTubeやApple Musicなど対象サービス利用時にかかるデータ通信量をカウントせずに利用できるというもので、今回ご紹介した楽天Koboおよび楽天マガジンが対象サービスに含まれます。

 

エンタメフリーは、音声通話SIMの3GB以上のプランを契約している場合、月額480円(税別)のオプション料金で利用できます。電子書籍を導入する際は、合わせて検討してみたくださいね。

 

Contributor

牛島義之

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆中。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK