1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. HUAWEIの人気SIMフリースマホ「P10」と「P10 lite」を徹底比較

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

HUAWEIの人気SIMフリースマホ「P10」と「P10 lite」を徹底比較

2017年にHUAWEI(ファーウェイ)から発売され、すでに人気となっている最新2機種「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 lite」。

 

HUAWEI P10の詳細をみる

 

HUAWEI P10 liteの詳細をみる

 

とても興味があって購入も検討しているが、具体的に何がどう違うのかイマイチ理解できていない。

あるいは名前から似た機種であることは知っているものの、それぞれどういう位置づけなのかわかっていない。

そんな方のために、今回は「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 lite」それぞれの特徴に触れつつ、何がどう違うのか理解できるように比較していきます。

HUAWEI P10とP10 liteのスペック比較

まずHUAWEI P10とP10 lite、両機種のスペックを並べて整理しておきます。

色を付けた部分は後ほど詳しく解説するポイントです。

製品名

HUAWEI P10
(型番:VTR-L29)

HUAWEI P10 lite
(型番:WAS-LX2J)
OS Android™ 7.0 Android™ 7.0
ディスプレイ 約5.1インチ 約5.2インチ
解像度 1,920×1,080ドット
(フルHD)
1,920×1,080ドット
(フルHD)
プロセッサ HUAWEI Kirin 960
(オクタコアCPU)
2.4GHz×4+1.8GHz×4
HUAWEI Kirin 658
(オクタコアCPU)
2.1GHz×4+1.7GHz×4
RAM 4GB 3GB
内蔵ストレージ 64GB 32GB
外部メモリ
(micro SDメモリカード)
最大256GB 最大128GB
背面カメラ 約1,200万画素カラーセンサー+
約2,000万画素モノクロセンサー
約1,200万画素
前面カメラ 約800万画素 約800万画素
ネットワーク周波数帯
(LTE)
<FDD-LTE>B1/2/3/4/5/
7/8/9/12/17/19/20/26/28/29
<TD-LTE>B38/39/40/41
<FDD-LTE>B1/3/5/7/8/18/19/26
<TD-LTE>B41
ネットワーク周波数帯
(W-CDMA)
B1/2/4/5/6/8/19 B1/5/6/8/19
テザリング 対応 対応
無線LAN(Wi-Fi) 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.1
GPS 対応 対応
センサー 加速度、コンパス、ジャイロ、
環境光、近接、HALL、指紋認証
加速度、コンパス、ジャイロ、
環境光、近接、指紋センサー
バッテリー容量 3,200mAh​ 3,000mAh
本体サイズ 高さ:約145.3mm
幅:約69.3mm
厚さ:約6.98mm
高さ:約146.5mm
幅:約72.0mm
厚さ:約7.2mm
重量 約145g 約146g
SIMタイプ nano SIMスロット×2 nano SIMスロット×2
デュアルスタンバイ
(LTE/3G)
対応 非対応
BIGLOBEの端末料金
(アシストパック)
2,700円(税別)x24カ月 1,240円(税別)×24カ月

本体がよりスリムなのはP10

HUAWEI P10とP10 liteを比べる際、まず気がつくのが機種名の「lite」の有無。

読み方は「ライト」で、英語でのより正確な表記は「light」です。

ちなみに意味は「軽い」「少ない」など。

となると「lite」が付いているP10 liteのほうが「スリムそう」「コンパクトそう」「重量が軽そう」と想像する人もいると思いますが、本体サイズがよりコンパクトなのは、実はP10のほうです。

ディスプレイサイズもP10のほうが0.1型小さく、本体サイズも高さ・幅・厚さのすべてにおいてP10のほうがコンパクト。

 

ではP10 liteは何がライトなのか?というと、このライトがかかっているのはスペックや性能です

スマートフォンを性能の高いほうから順に「ハイエンド」「ミドルレンジ」「ローエンド」の3つに分類すると、P10はハイエンド、P10 liteはミドルレンジに含まれます。

P10のほうが搭載するプロセッサの処理能力も高く、また同時に多くのアプリを起動する際に重要となるRAMの容量も大きくなっています。

本体サイズに比例しそうなバッテリー容量も、実は本体サイズが小さいP10のほうが大容量のものを備えます。

 

さらにP10では2枚のSIMカードを挿して、2つの番号で同時に着信を待ち受ける4G+3Gの同時待ち受け(デュアルシム・デュアルスタンバイ)に対応しますが、P10 liteは非対応です。

先ほども触れたとおり、本体サイズがよりコンパクトなのはP10。

ですがその小さなボディに、高い性能をギュッと凝縮して詰め込んだ機種といえますよ。

カメラの機能を極めたのがP10

P10とP10 liteの違いを語る際、機能面でもっとも注目すべきポイントはカメラ。

そもそもP10の最大のウリが背面と前面に搭載されたカメラなのです。

背面には老舗カメラメーカー「LEICA(ライカ)」と共同で開発したデュアルレンズカメラを採用。

それぞれのカメラで異なる情報を記録し合成することで、色の鮮やかさと濃淡、輪郭といった情報すべてを上手に引き出した写真を記録できます。

 

また前面搭載のカメラも、今シリーズからはライカ共同開発のものが使われるようになりました。

P10 liteのカメラも、日常シーンにおいて大きな不満は感じないレベルの仕上がりです。

しかし撮影シーンを選ばず、より手軽に、よりキレイに写真が撮影できるのは間違いなくP10ですよ。

価格が手ごろでコスパが高いのがP10 lite

ここまで触れた二つのポイントでは、P10がかなり優勢でした。

しかしP10 liteにも大きな魅力があります。

それはコストパフォーマンスの高さです。

 

例としてBIGLOBEにおけるそれぞれの機種の端末料金を比べてみると、P10は2,700円×24カ月=64,800円(税抜)。

一方でP10 liteはこの半分以下となる1,240円×24カ月=29,760円(税抜)です。

性能や機能が異なるため、P10のほうが価格が高いことに文句はありません。

ですが、性能・機能と価格のバランス、すなわち“コストパフォーマンス”の面で見た際、より優れているのはP10 liteといえます。

P10 liteはスマ-トフォンとして大きなストレスを感じず使える機種です。

 

とにかくストレスを感じず、写真もキレイにとれる“高性能・高機能さ”にこだわるのか。

スマホとしてしっかり使えることを前提として、価格も優しい“コストパフォーマンスの高さ”を取るのか。

もし後者を選ぶ、ということであれば、ぜひともオススメしたいのはP10 liteですよ。

 

HUAWEI P10の詳細をみる

 

HUAWEI P10 liteの詳細をみる

 

この記事を書いた人:まきはらとよかず

この記事もオススメ


  • BIGLOBE スマホの料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。
    おトクなキャンペーンも実施中です。