1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. LINEの「文字認識(OCR)」が便利!画像から簡単に文字起こしできる

スマホ代安くなるカナ?
LINEの「文字認識(OCR)」が便利!画像から簡単に文字起こしできる

LINEの「文字認識(OCR)」が便利!画像から簡単に文字起こしできる

「スクショされたお店の情報から、住所を検索したい」「気になった情報を、家族にシェアしたい」。そんな時に便利なのが「OCR(文字認識)」ですが、実はこの機能、LINEにもついてるんです!

 

ここでは「文字認識(OCR)」機能とは何か、LINEの文字認識機能の使い方についてご紹介します。

文字認識機能(OCR)とは?

文字認識は正確には「光学文字認識(Optical Character Recognition)」といい、印刷や手書きされた文字をカメラやスキャナで読み取ることで、文字コードとして変換する技術のことをいいます。

 

この技術を活用すれば、カメラで撮影するだけで手紙などの文字をテキストデータ化して、メモに記録したり、LINEやメールでテキストとしてシェアしたりできます。

LINEの「文字認識」機能の使い方

専用のカメラアプリもありますが、多くの人がインストールしているLINEのアプリさえあれば「文字認識」は簡単に利用できます。

さっそく「トークの添付画像」と「カメラで撮影した画像」の2パターンで使い方を解説します!

トークの添付画像の文字を認識する方法

友達とLINEで会話していて、「じゃあ、何時に〇〇に現地集合ね。アクセス方法はこれを見て」…と、施設Webサイトのアクセスページをスクショした画像が送られてきた、なんてことがありませんか?

 

送ってくれたのは有難いけど、これ、文章化してくれれば他の友達にも共有しやすいのになぁ…なんてこと、あったりしませんか??

 

そんなときに便利なのが文字認識機能なんです!

  1. LINEアプリを起動する
  2. トークの添付画像をタップする
  3. 右上にある「A」をタップする

 

このわずか3ステップで、トークの添付画像の文字を認識できます。

 

文字認識を初めて利用するときは、「A」をタップした際「サービス提供のため、写真をサーバーに送信します。同意しますか?」の確認があります。

ここで一度「同意」を選択しておけば、それ以降は確認されることはありません。

 

 

認識した文字は、上の動画のように、必要な部分だけ指でなぞって(選択)、コピーできるので、検索サイトやマップアプリなどでの検索に便利です。

カメラ機能から直接文字を認識する方法

次は、カメラを向けて撮影したら即、被写体に書いてる文字をテキスト化してくれるやり方。これもカンタンです!

  1. LINEアプリを起動する
  2. カメラ機能を起動する
  3. 「文字認識」を選択する
  4. 印刷物などを撮影する

 

つまり、文字認識モードで撮影するだけですね。たったこれだけで、手書きや印刷などの文字を認識してくれます!

 

トークのカメラ機能で文字認識している場合も、上の動画のように、必要な部分だけを指でなぞって、そのままトークに「シェア」が可能です。

 

 

また、LINEの「Keepメモ」からカメラを起動させた場合は、上の動画のようにKeepメモ内に保存できるので自分用のメモが簡単につくれます。

「文字認識」で面倒な文字入力から解放!

今回は、LINEの「文字認識」とは何かや、その使い方をまとめてきました。

 

LINEの「文字認識」を活用すれば、添付されたお店のHP画像から住所をコピーしてマップ検索したり、カメラ機能で撮影した画像をデータ化してシェアしたり、Keepメモ内に自分用のメモとして保存したり…と面倒な文字入力から解放されます。

 

画像を選択して右上にある「A」をタップするだけ、カメラ機能の「文字認識」で撮影するだけ、と使い方はとっても簡単。

ぜひ一度試してみてください!

Contributor

堀本一徳

世界24カ国を旅した自由人。現在はライター兼カメラマン兼ウェブデザイナーとして活動中。得意分野はIT(情報系学科出身)、旅行、教育(教員免許あり)。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK