1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 「格安SIM・スマホに向いてない人」マンガでわかる格安SIM・格安スマホ

「格安SIM・スマホに向いてない人」マンガでわかる格安SIM・格安スマホ

「格安SIM・スマホに向いてない人」マンガでわかる格安SIM・格安スマホ

「格安SIM・スマホに向いてない人」マンガでわかる格安SIM・格安スマホ

マンガをテキストで読む

 

 

今回のひとこと(シムオ)

シムオです。
みなさん驚かせてしまってすみません…彼女ができました(照)

猪突猛進なところもあるけど、素直ないい子です。

彼女の家の執事、小林さんが、僕の好きな園芸サイトのオフ会のメンバーで、彼女とは小林さんを通じて知り合いました。

世の中、広いようで狭いですね(照)

 

 

さて、今回のテーマにあったとおり、格安SIMはすべての人にオススメ!というわけではないんです。
自分のスマホの使い方が格安SIMに合っているのか、キャリアでないとダメなのか、確認してみてくださいね。

 

 

今回のマンガをテキストで読む

大手川家・キャリリンの部屋

シムオの心の声「僕の彼女はーー」

キャリリン、ソファーに座ってスマホで電話しながら、外商員にブラックカードを差し出してーー

キャリリン「そこからそこまで、これでお願いーーあっ、シムシム〜♪」

シムオの心の声「お金持ちで、1日3時間くらい電話します。」

大手川家・庭の噴水のそば

コバヤシ(執事)「お嬢様、ありました!」

と、噴水の中でキャリリンのスマホを見つけ、掲げる。

びしょ濡れのキャリリンに、ばあやがタオルを持って駆け寄る。

ばあや「お嬢様、早くお着替えを」

キャリリン「コバヤシ!そのスマホ、急いで元通りにしておいて!」

シムオの心の声「トラブルが起きても周りの人が全て解決してくれます。」

公園

シムオとキャリリンがベンチに並んで座っている。

キャリリン「(不満そうに)じーめーるって何?キャリアのメアドじゃないの?」

シムオ「うん、格安SIMだからね」

と、にっこりする。

シムオの心の声「大手キャリアのメールアドレスを使うことにステータスを感じています。」

キャリリン「シムオさんのことは大好きだけど、怪しいメアドの人とお付き合いしてもいいのかしら…?」

と、シムオに背を向け、思い悩む。

シムオ「(苦笑いで)怪しいメアドって…」

シムオの心の声「そういう子なので、格安SIM・スマホはオススメしません。」

 

注目キーワード

もっとみる