1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. iPhone XRの魅力を他のiPhone機種と比較しながら分析してみた

iPhone XRの魅力を他のiPhone機種と比較しながら分析してみた

iPhone XRの魅力を他のiPhone機種と比較しながら分析してみた

 

2018年に発売されたiPhoneシリーズのなかでもっとも後発での発売となった「iPhone XR(テンアール)」。

同じく最新モデルである「iPhone XS Max」や「iPhone XS」と並び、「iPhone X系」スマホのなかでも最新機種だけに、機種変更の候補として注目している人も少なくないでしょう。

 

かく言うiPhone 6ユーザーの私も、そのひとり。今回は運良く機種変更前に、iPhone XRをお借りすることができましたので、実際にその使い心地を試してみることにしました。はたして、最新機種の実力やいかに?

まずはiPhone XR(テンアール)のスペックをおさらい

X、XS、XS Maxと、様々なモデルが同時に販売されているから、最新機種とはいえどんなスペックなのか、少々わかりにくい印象…。

 

そこで、まずはXRとその他代表機種のスペックがどれだけ異なるか、表にして整理してみました。

項目 iPhone XR iPhone XS iPhone X
容量 64GB/128GB/256GB 64GB/256GB/512GB 64GB/256GB
Apple公式価格
(税別)
64GB:8万4,800円
128GB:9万800円
256GB:10万1,800円
64GB:11万2,800円
256GB:12万9,800円
512GB:15万2,800円
64GB:11万2,800円
256GB:12万9,800円
※Apple製品取扱店で購入可能
ディスプレイ 6.1インチ
(Liquid Retina HD)
5.8インチ
(Super Retina HD)
5.8インチ
(Super Retina HD)
チップ A12 Bionicチップ A12 Bionicチップ A11 Bionicチップ
背面カメラ 1,200万画素
F1.8
最大5倍のデジタルズーム
デュアル1,200万画素
F1.8(広角)
F2.4(望遠)
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
デュアル1,200万画素
F1.8(広角)
F2.4(望遠)
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
前面カメラ 700万画素
F2.2
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
700万画素
F2.2
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
700万画素
F2.2
Touch ID なし なし なし
Apple Pay 対応 対応 対応
バッテリー

連続通話(ワイヤレス):最大25時間

インターネット利用:最大15時間

ビデオ再生(ワイヤレス):最大16時間

オーディオ再生(ワイヤレス):最大65時間

連続通話(ワイヤレス):最大20時間

インターネット利用:最大12時間

ビデオ再生(ワイヤレス):最大14時間

オーディオ再生(ワイヤレス):最大60時間

連続通話(ワイヤレス):最大21時間

インターネット利用:最大12時間

ビデオ再生(ワイヤレス):最大13時間

オーディオ再生(ワイヤレス):最大60時間

サイズ 150.9mm×75.7mm×8.3mm 143.6mm×70.9mm×7.7mm 143.6mm×70.9mm×7.7mm
重量 194g 177g 174g
カラー ブルー/ホワイト/ブラック/イエロー/コーラル/プロダクトレッド ゴールド/シルバー/スペースグレイ シルバー/スペースグレイ

※2019年1月時点

特徴その1.カラーバリエーションの豊富さ

細かな違いをみていくと、わかりやすいところではまずはカラーバリエーション。

これまでのスペースグレイやブラック、ゴールドなどの王道カラーではなく、カラフルなラインナップが特徴。かつてのiPhone 5cを彷彿とさせる明るいカラーは、ファッションにも合わせやすそうだから、カラーにこだわりたい人にとっては、これだけでも選択する理由として十分でしょう。

 

ちなみに、(PRODUCT)RED(以下、プロダクトレッド)とは、アーティスト U2のボーカル、ボノが発起人となった、アフリカのエイズ(HIV)対策を支援するプロジェクトのこと。

このカラーを購入した場合、その売上の一部は、世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付されるという仕組みになっているというわけです。スピーカーやヘッドフォンなど、同じ赤色のオプション付属品も充実しているから、統一したカラーで周辺機器を揃えたい人にもオススメですね。

特徴その2.ディスプレイの大きさと美しさが向上

そして機能的特徴としてもっとも注目されているのが、ディスプレイ。

iPhone XRに搭載されているLiquid Retinaディスプレイは角が丸いのが特徴で、スマホの画面ギリギリまでの表示が可能に。その点で言えば、XSやXも同じなのですが、XSやXのSuper Retinaディスプレイとの違いは……?

 

調べてみると、Super Retinaディスプレイは「OLEDディスプレイとしては、史上最高で色の再現精度も業界随一」とAppleが自負する高水準レベルのディスプレイとのこと。コントラスト比は100万対1で輝度も高いことから、映画製作の標準となる広色域に対応しているそうです。

 

これに対し、Liquid Retinaディスプレイは1400対1。XRに搭載されているディスプレイは、XSに比べると、どうしてもスペック上のコントラスト比では比べ負けてしまいますが、クラス最高のカラーマネジメント機能を搭載することによって、十分な美しさを表示してくれます。

少なくとも、私のような下位モデルユーザーには、革新的な美しさを感じることができるでしょう。

 

ディスプレイサイズの比較として、私のiPhone 6とXRで同じウェブページをキャプチャした比較が下の画像。

XRの画面がいかに大きな画面サイズであるか、一目瞭然ですね。一度にみることがデキる情報量が多いから、日頃のネットサーフィンでもストレスが少なそうです。

特に差が現れるのは、細かな字。6はつぶれて見えてしまうのに対し、XRは拡大してもクッキリ細部までみることができます。これなら、電子書籍の読書でも、目が疲れなそうですね!

 

特徴その3.バッテリーの稼働時間が大幅に上昇!

最後に注目すべきポイントが、バッテリーの稼働時間。通話時や通信時、音楽再生など、いずれの稼働時間もXSよりスコアを伸ばしており、頻繁にスマホを利用するユーザーにとってはうれしいところ。

 

私が使っているiPhone 6だと、バッテリーを毎朝100%にしてもランチタイムには40%程度になっていることもあります。既に終了していますが、2018年末までアップルが保証期間終了後のiPhone 6からiPhone Xまでのバッテリーを安価に交換できるサービスを展開したところ、たくさんのユーザーから申し込みが殺到したことからも、バッテリーの稼働時間は多くのユーザーにとって悩みのタネであることがわかります。

 

では、なぜXRのバッテリー稼働時間は、長いのでしょうか。その理由は、特徴2であげた、ディスプレイにも関連しています。下の表を見てみましょう。

項目 iPhone XR iPhone XS iPhone X
解像度 1,792×828ピクセル 2,436×1,125ピクセル 2,436×1,125ピクセル
ピクセル密度 326ppi 458ppi 458ppi

このように、XRは先行して発売したモデルに比べると、解像度とピクセル密度はちょっと低め。iPhone 8 同等のスペックになっています。

 

しかし、先にも書いたとおり独自のカラーマネジメント機能を搭載することで、先行2モデルと遜色ない画面の美しさをキープしているというわけです。端的に言えば、省エネ性能の高い仕様になった、ということですね!

これによって、より長時間動画を楽しめたり、音楽再生が可能になったり…と。日常でスマホをエンタメツールとして使いこなすことも可能になります。

 

試しに、1時間ほど動画を再生し続けてみましたが、電池残量は81%でした。長時間のゲームや動画鑑賞にも耐えられそうですね。

気になるカメラの性能は夜でも申し分なし!

ところで、やっぱり気になるのは、カメラの性能。はたして…?

同時刻、同じ場所で撮影した結果の比較がこちら、上が、iPhone XRで撮影した画像。下がiPhone 6で撮影した画像です。

XRで撮影した画像は、肉眼の色合いにかなり近しく、また、暗い場所でも光をしっかり捉えていることがわかります。6は少しぼんやりと……、霧がかかったようにも見えますね。XRはデュアルカメラではありませんが、それでもXシリーズ以前のモデルよりも大幅に向上しているようです。

 

XRはXSの廉価版といわれたりもしますが、こうして使ってみると、カメラとディスプレイ以外はそこまで大きな差を感じることはありませんでした。特に、iPhone 8より以前のモデルを利用しているなら、進化を感じることができる良機種。オススメの1台、ですよ。

※本記事の内容は、2019年1月9日現在の情報です。

iPhoneを格安SIMでおトクに使おう!

最新のiPhone 11をはじめ、今回ご紹介したiPhone XRも格安SIMなら毎月おトクに使うことができます。

「どのくらい安くなるのか」や「使い方」はぜひ以下のページからチェックしてみてください。

 

iPhoneを格安SIMでおトクに使う方法

Contributor

あしすたんと(A.I.編集部員)

洞察力を買われ誕生後すぐに青田刈りを経験。編集長のやさしいツッコミがお気に入りで、日々分析の原動力に。ペットショップと動物園はまだ苦手。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?