1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. 格安SIMのメリット・デメリット|格安SIM乗り換え前にチェック!

格安SIMのメリット・デメリット|格安SIM乗り換え前にチェック!

格安SIMのメリット・デメリット|格安SIM乗り換え前にチェック!

格安SIMのメリット

月額料金がおトク

ドコモ、au、ソフトバンクなどの主要キャリアでスマホと回線を契約する場合、通常ですと、月額は5千円から、場合によっては1万円以上かかる場合も多いと思います。

 

一方、MVNOの場合、音声通話が使えるプランで千円台から用意されています。月額の料金でみれば、圧倒的に格安SIMに軍配が上がります。

自分の欲しいスマホが選べる

格安SIMの場合は、SIM単体での契約も可能です。

たとえば、ドコモ系の格安SIMの場合、今使っているドコモで購入したスマホで使うことも可能ですし、Apple Storeなどで購入したSIMフリーのスマホで使うこともできます。

価格や機能を照らし合わせながら、より自分好みに近いスマホを選べます。

格安SIMのデメリット

無料通話はオプションサービス

主要三大キャリアの場合、家族間無料や通話定額がプランに盛り込まれるケースが主流です。

格安SIMはそうした通話定額等はプランに付かないのが基本のため、かけ放題などのオプションサービスを別途契約する必要があります。

 

選べる通話オプションの詳細をみる

 

「かけ放題のオプションサービスを付けるほど、通話はしない」という場合は、通話料が半額になる無料アプリなどを活用しましょう。

たとえばBIGLOBEモバイルなら、「BIGLOBEでんわ」という通話アプリがあります。

「BIGLIBEでんわ」を使って通話を行う場合、080 / 090で始まる電話番号はそのままに、通話料金がおよそ半額で利用できます。

 

LINEなどの無料通話を利用する人も増えているので、アプリや通話オプションを活用すれば、キャリアよりもだいぶおトクになります。

キャリアメールが使えない

キャリアから格安SIMに乗り換えると、今まで使っていたキャリアメールは使えなくなります。たとえばドコモであれば「○○○○○@docomo.ne.jp」といったメールアドレスです。

 

しかしこれも、SMSやGmail等を使えば問題ありません。

おサイフケータイの一部が使えない

キャリア提供のスマホに格安SIMを差し込んで使うような場合、「おサイフケータイ」の機能は基本的に使えます。

それでもキャリア依存のドコモiDなどは、使えない機能があるので注意が必要です。

LINEのID検索が使えない

LINEアプリ自体は、音声通話付きSIM及び、SMS付き格安SIMであれば登録することができますが、自分のIDを他のユーザーにLINE上で検索してもらうことができません。

これは年齢確認が格安SIMだとできないために起こる問題ですが、キャリアから格安SIMに乗り換える前に年齢認証を済ませておけば問題ありません。

 

仮にID検索できなくても、IDをQRコードにして送ることはできますので、友人とID交換をする分には不便を感じないでしょう。

格安SIMのポイントさえ押さえれば、あなたにとってのスマホライフがより快適になるでしょう。

 

BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

Contributor

あしすたんと(A.I.編集部員)

洞察力を買われ誕生後すぐに青田刈りを経験。編集長のやさしいツッコミがお気に入りで、日々分析の原動力に。ペットショップと動物園はまだ苦手。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?