1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. はじめてのデータ移行|AndroidからiPhoneへの乗り換えで知っておきたい基礎編

はじめてのデータ移行|AndroidからiPhoneへの乗り換えで知っておきたい基礎編

はじめてのデータ移行|AndroidからiPhoneへの乗り換えで知っておきたい基礎編

”AndroidからiOSに乗り換え”、またはその逆など、異なるOS間での端末乗り換えは、データの移行方法が少し複雑になるため、戸惑ってしまうことがあります。

ここでは、AndroidからiOSに乗り換えるときのデータ移動方法と注意点について、基礎となる情報をまとめます。

AndroidからiOSに乗り換え!データ移行の方法は?

AndroidからiPhoneに乗り換えるとき、どのようなデータ移行方法があるのか知っておくと、迷うことも少なくなります。

Move to iOSを使う

AndroidからiPhoneに乗り換えるツールとして、Appleが「Move to iOS」という無料アプリを提供しています。連絡先、メッセージの履歴、カメラで撮った写真やビデオ、Web のブックマーク、メールアカウント、カレンダーなどが引き継げます。

 

アプリの使用方法は、こちらの記事で紹介しています。

アプリ内データの引き継ぎ方3パターン

「Move to iOS」では、iOSからiOSへ乗り換えるときのように、アプリ内のデータまでは引き継げません。また、iOSではおサイフケータイ自体が使用できませんので、SuicaやQUICKPay、iDなどはiOSのApple Payに設定が必要です。

 

各アプリでデータ引き継ぎ方法が異なりますが、アプリのデータ引き継ぎ方法は大きく分けると以下の3つに分類できます。

 

1.ID/パスワードにひもづいているパターン

もっとも多いのが、ID/パスワードにひもづいているパターンです。TwitterやInstagramなどのSNS、会員カードやポイントカードアプリなどがこのパターンを採用しています。

 

2.ID/パスワード+引き継ぎコードが必要なパターン

引き継ぎの際に、古い端末で引き継ぎコードを発行して、新しい端末のログイン時にID/パスワードに加えて、引き継ぎコードを入力する、といったパターンがあります。ゲームアプリによく採用されています。

 

3.特殊なパターン

LINEや電子決済アプリ、ネットバンクのアプリなどが該当します。

 

ID/パスワードだけでなく、二段階認証を採用したり、引き継ぐボタンをオンにしたりする必要があります。独自の引き継ぎ方法があり、やや複雑なため、アプリごとにデータ引き継ぎに関するガイドを一読しておいた方がいいでしょう。

 

LINEの引き継ぎ方法はこちらの記事を参考にして下さい。

異なるOS間の乗り換えはアプリにより引き継げないデータがある

例えば、ゲームアプリ内で使えるコインやチケット、LINEのトーク履歴などは、異なるOS間でのデータ移動ができません。

 

また、ガラケーやAndroidのモバイルSuicaからiOSのApple PayのSuicaへは引き継ぎができるものの、逆の場合は引き継ぎができません。

 

その他にも、異なるOS間では引き継ぎできない項目がアプリごとに違いますので、ゲームアプリやメッセージアプリなどは慎重にデータ引き継ぎすることをおすすめします。

OSの異なる機種へ乗り換えるときはデータ引き継ぎも確認しておこう

OSの違う機種を乗り換えるときは、データの引き継ぎ方法も確認しておくと安心です。さらに、データの引き継ぎ方にもいくつかパターンがあることを知っておくと、それぞれのアプリの設定で迷うことも少なくなりますよ。

 

新しい端末に乗り換えるときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事の内容は2019年8月1日現在の情報です。

 

Contributor

中野友希

税理士・社労士補助や衛生管理者を経てフリーライターに。ガジェット・ヘルスケア・子育てなどを中心に『読むサプリ』をモットーに執筆中。@y_nakan0

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?