1. TOP
  2. 格安SIM/スマホ
  3. しむぐらし
  4. スキャンアプリ「Adobe Scan」で紙の資料を簡単に電子化!

スキャンアプリ「Adobe Scan」で紙の資料を簡単に電子化!

スキャンアプリ「Adobe Scan」で紙の資料を簡単に電子化!

アプリを使って、スマホで紙の資料をPDF化しよう

会議の資料やお気に入りのレシピ、名刺、レシートやメモなど……どんどんたまっていく紙の文書。

クリアファイルにまとめて突っ込んだり、無造作に置きっぱなしにしていませんか?

 

そんな人におすすめなのがスキャナーアプリ「Adobe Scan」。
書類や名刺などの紙資料を電子化して、PDFファイルとして保存できるんです!
スマホのカメラをスキャナー代わりに使うことで、無料でカンタン&快適にPDFファイルを作成できます。

 

▼ダウンロード&インストールはこちらから。

 

※本記事はiPhone8を使用しています


Adobe IDがなくてもOK!まずはログイン

Adobe Scanを使用するには、Adobe IDでのログインが必要です。
が、Adobe IDを持っていない人でも、GoogleアカウントもしくはFacebookアカウントでログインができるので安心してください。

カメラを使って文書をスキャン

アプリのインストール&ログインをすませたら、次にスキャンしたい文書を用意します。

アプリを立ち上げてログインすると、カメラ画面が立ち上がります。
今回はレシピの文書をスキャンしてみます。
PDF化したい文書にカメラを向けると、アプリが色と背景の境界線を書類を認識して自動でシャッターを切ってくれます。


カメラが文書をうまく認識してくれない場合は、文書の置き場所や撮影場所を変えてみましょう。わりと精度高く認識してくれます!

連続でスキャンできるので、文書をまとめて用意してどんどんスキャンしていきましょう。

撮り終わったらPDF化

すべて撮り終わったら、右下のサムネイルをタップすると、
スキャンした画像が表示されます。


次に画面右上の「PDFを保存」をタップすれば、撮影した画像からPDFが作成され紙資料が電子化されます。

スマホ内の画像もPDF化できる!

スマホのカメラですでに撮影してある文書の写真も、PDF化することが可能です。
ホームボタンを押して(家のマーク)、スキャン済みの画面一覧にある右下の「写真」マークをタップすると、写真アプリに保存されている画像の一覧が表示されます。


どの文書をPDF化したいか選んだら、先程と同じく右上の「PDFを保存」をタップすればOKです。

PDF内のワード検索もOK!

「Adobe Scan」では、画像から文字部分を認識してテキストデータに変換されるので、スキャンした文書のワード検索ができるんです!

 

検索をかけたい文書を開いた状態で検索マークを押し、検索したいワード(この場合は「昆布」)を入力して「検索」ボタンを押すと…

該当するワードの部分が反転して、カンタンに探し出すことができました!

PDF化された文書はどこに保存されているの?

ところで、電子化された文書はどこに保存されているのでしょうか?
これは、Adobe社が提供するWeb上のストレージサービス「Document Cloud」(ドキュメントクラウド)内に保存されます。

 

インターネットがつながる環境であれば、スマホはもちろん、パソコンからもアクセスOK。

パソコン内にダウンロードもOK

スマホからPDFをメールなどで共有したり、転送したりと、とても便利。
こちらがスマホからアクセスした状態です。

iPhoneは、「ブック」や「iCloud Drive」などを通してファイルを保存します。

また、パソコンからダイレクトで「Document Cloud」にアクセスしてダウンロードをすれば、パソコン内にファイルの保存ができます。

こちらはパソコンからアクセスした画面です。

 

画面右上にダウンロードボタンがあるので、パソコン内にワンタッチで保存できます。

大量の紙文書もコレでスッキリ整理整頓ができますよ!

ぜひ上手に活用してくださいね。
 

Contributor

Kana.mM (かな)

旅行、企業、美容系等で執筆活動中のフリーライター。好きなものは猫とSF、嫌いなものは寒さと空腹。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指す。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?