1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 格安SIMの初期費用はどれくらいかかるの?

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

格安SIMの初期費用はどれくらいかかるの?

格安SIMの初期費用は通信事業者によって異なります。

通信事業者ごとに新規申し込み手数料は異なり、各種キャンペーンの状況によっても変化するためです。

BIGLOBEの場合、申し込み手数料は3,000円(税別)+SIMカード準備料394円(税別)ですが、月額料金が初月無料になります。

またSIMカードの送料も必要ありません。

 

通信事業者によって異なる初期費用を確認しましょう

SIMロック手数料やスマホ本体費用が必要な場合もある

申し込み手数料以外にも、SIMロック解除の手数料や、格安SIMが使えるスマホ本体の代金が必要な場合があります。

格安SIMの回線と別のキャリアのスマホを使う場合は、SIMロック解除の手数料が必要になります

。2015年5月以降に発売されたモデルなら、手続き方法によってSIMロック解除の手数料が無料になることがあるのでよく確認しましょう。

ドコモのスマホを持っているのなら、ドコモ回線を利用している多くの格安SIMをそのまま使用できるので本体費用は不要です。

BIGLOBEでもドコモのスマホはSIMロック解除せずに使用できます。

古いスマホを使わずに新しくスマホを購入するなら、SIMフリーの格安スマホがおすすめです。

SIMフリーの格安スマホは最初からSIMロックがないため、好きな格安SIMを使用できます。

基本的には普通のスマホより安価なので、スマホデビューの方にもおすすめです。

格安SIMでスマホデビュー

初期費用の他に前のスマホの解約料も必要

新規で格安SIMを申し込む際に、申し込み手数料とスマホ本体費用以外にも解約手数料が必要になる場合もあります。

現在利用している契約が2年縛りの制約を受けている場合、契約途中で解約すると解約手数料が10,000円程度掛かります。

契約更新月なら解約料が不要なので、2年間契約を行っている方は更新月を確認してみましょう。

契約更新月は各キャリアのアプリやwebサイト、電話窓口や店頭で確認が可能です。

電話窓口や店頭での手続きは対応している時間が限られており、混雑していることもあるのでアプリやwebサイトでの確認をおすすめします。

更新月が先で解約手数料が必要なタイミングでも、現在のスマホ料金と格安SIMのスマホ料金の差額を計算すると格安SIMに乗り換えた方がお得になるケースがほとんどです。

BIGLOBEの格安SIMを使用した場合の料金シミュレーションをぜひ参考にしてみてください。

 

料金シミュレーターで現状のスマホの料金と比較してみよう!

この記事もオススメ

 

格安スマホ選び方ガイドプレゼント


  • BIGLOBE スマホの料金や特長、スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。おトクなキャンペーンも実施中です。