1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 格安SIMに最適なスマホの選び方を教えて

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

格安SIMに最適なスマホの選び方を教えて

ドコモ、ソフトバンク、auといった主要三大キャリアの場合は、スマホとSIMがセットになって提供されるのが通常です。

これに対してMVNOの場合、格安SIMだけでも提供しているので、今使っているスマホに格安SIMを差し替えるだけでおトクに利用することが可能です。

自分のスマホで格安SIMが利用できるかは、MVNO各社が動作確認済み端末を公開していますので、各社のサイトから確認しましょう。

 

もちろんMVNOでも、スマホとSIMをセットで提供しています。

つまりMVNOの場合、ユーザーが格安SIMだけを契約してもいいし、スマホとSIMをセットで契約してもいいといった選択ができるのです。

ここでは、格安SIMが使える自分に合ったスマホ選びについて考えてみましょう。

ケース別、格安SIMに合ったスマホ選び

ドコモ、ソフトバンク、auのスマホを使う

ドコモのスマホならドコモ系の格安SIM、auのスマホならau系の格安SIMであれば、SIMを差し込めばそのまま使える可能性が高いです。

ソフトバンクでも2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能を搭載したスマホであれば、購入日の180日目以降よりSIMロックを解除することができるので、MVNOが提供するSIMを利用することができます。

 

もちろんMVNO各社のサイトに掲載されている動作確認端末で、手持ちのスマホが動作するかの確認が必要です。

また、SIMの大きさをきちんと確認しましょう(標準SIMか、マイクロSIMか、ナノSIMかを確認する)。

MVNOが販売しているスマホを使う

これは格安SIMを使う上で、最も安全で確実です。

MVNOが販売しているスマホは、自社で提供している格安SIMで動作確認をしていることが前提になるからです。

格安SIMを契約してみたはいいが、差し込んでも動作しないといったリスクはありません。

SIMフリースマホを使う

これは格安SIMを使う上で、最も醍醐味のあるケースだと思います。

SIMフリー(キャリアのロックがかかっていない)スマホなら、基本的にはどのMVNOの格安SIMでも利用できます。

ただし、海外のサイトで海外仕様のスマホを購入する場合は、周波数帯のバンドが対応しているか、注意が必要です。

 

Amazonなどの通販サイトで「SIMフリー スマートフォン」などで検索すると、たくさんの端末が表示されます。

そこから、自分好みのデザインやスペックのものを選んで、MVNOの動作確認端末のリストで契約しようとしている格安SIMが適合するかどうかを確認して、手に入れるのもいいでしょう。

その際には、標準SIMか、マイクロSIMか、ナノSIMかも同時に確認しましょう。

SIMフリースマホを選ぶ時のポイント

SIMフリースマホを選ぶ時のポイントはいくつかあります。

CPUの性能

CPUとは、スマホの頭脳とも言える演算処理を行うチップの事です。

このCPUの性能が高いとスマートフォンの動作もサクサクである度合いが高くなります。

あくまで一般論ですが、オクタコアやクアッドコアというCPUであれば、かなり高性能ですし、デュアルコアだとやや劣り、シングルコアだとやや動作が遅くなるという事は言えると思います。

通販サイトのユーザーレビューなどで使用感を調べてみるのもいいでしょう。

内蔵ストレージの容量

これは、スマホの中のアプリや写真などのデータをためておく場所です。

最近のスマホの一般的な使い方ですと16GB以上は欲しいところかも知れません。

3G対応かLTE対応か

これは、各通信方式に対応しているかどうかです。LTEに対応していれば、より高速なデータ通信が行えます。

いかがでしたか?ぜひ格安SIMならではの選択の幅の広さを楽しんでみてください。

 


  • 各端末の料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBEモバイルの料金や
    キャンペーンをご確認いただけます。