1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 初心者向け格安SIM選びの参考サイトを教えて

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

初心者向け格安SIM選びの参考サイトを教えて

選ぶ幅の広い格安SIM

mvno_slanting

はじめて格安SIMの契約(購入)を考える場合、そもそもなにから調べて、どうやって選べばいいかわからないという方もいるでしょう。ドコモ、ソフトバンク、auといった主要三大キャリアだけでも、それぞれたくさんのプランが用意されていますが、格安SIMを提供する各MVNO事業者は主要なものでも十数社ありますので、そこからお目当てのSIM、自分に合ったSIMを選ぶのは、まったく初めてだと少しだけ大変かも知れません。

SIMPEDIAから格安SIMを選んでみよう

指をさす女性

ではそうした、たくさんのお店(MVNO)から自分に合った格安SIMをどうやって見つけるかということですが、格安SIMを幅広く扱っているポータルサイトやまとめサイトから格安SIMを比較検討してみるのは、自分に合った格安SIMをみつけるための近道かも知れません。個人が運営する格安SIMの比較サイトも良いですが、より多くの情報を得ると言う意味では、専門の運営事業者などが運営している、大手サイトの方が最適と言えると思います。

ここでは、SIMPEDIAから格安SIMを選んでみましょう。格安SIMを選ぶ上では、いくつかのポイントがあります。

音声通話をするか?データ通信だけ使うか?

これは文字通り、あなたが音声通話をしたいのか、データ通信だけでいいのか、という事です。音声通話をしたいのであれば、音声通話付きSIMにするのがより良いと言えるでしょう。もちろんデータ通信だけのプランでもIP電話などを使えば、音声通話をする事が可能です。しかし080/090ではじまる携帯電話番号が欲しい、データ通信容量を気にしないで音声通話をしたい、キャリアで使っている携帯電話番号をそのまま使いたい(MNP)という事になれば、必然的に音声通話付きSIMを選ぶことになるでしょう。

1ヵ月あたり、だいたいどのくらいデータ通信をするか?

これも比較的大事なポイントです。格安SIMは多くがプランごとに1ヵ月あたりでデータ通信の上限を設けて、その上限に達すると通信速度が制限される場合が多くあります。仮に1ヵ月あたりのデータ通信容量が1GBのプランだとします。1GBというと、テキストデータのやりとり(メールやLINE)だけであれば、1GBでも1ヵ月程度は問題無く収まるケースがほとんどでしょう。しかし動画を解像度360p程度で視聴した場合は、映画数本観た段階で上限に達することが予想されます。使い方によってデータ通信容量を考慮してプランを選びましょう。

月あたりの通信料金の予算はどのくらいか?

だいたいこのくらい月に格安SIMの通信容量に使ってもいいなという料金の面から逆算してプランを選ぶのは、むしろ常道とも言えます。データ通信をたくさん使うからといって、あまり高いプランにすると後々支払いが大変という事も、もしかしたらあるかも知れません。例えば、スマートフォンにかけたい料金が月額4000円未満だとして、「でも月あたりのデータ容量がたくさん欲しい、12GBのプランがいい」という希望があったとします。しかし格安SIMで希望のプランを選ぼうとすると、6000円程度掛かってしまい、「主要三大キャリアと料金的にあまり変わらないな」といった不満につながらないとも限りません。逆にあまり安いプランだとデータ容量が少なすぎたり、通信速度が遅かったりして、思うようにスマートフォンを利用できないなんてこともあります。

ドコモ系の格安SIMがいいか?au(KDDI)系の格安SIMがいいか?

これはその他の項目に比べるとあまり重要ではないかも知れませんが、もし今、手元に使っていないドコモのスマートフォンがあるのならドコモ系の格安SIMであれば、そのまま差し込んで使える可能性が高いです(各MVNO事業者のサイトなどで適合するか確認が必要です)。auのスマートフォンが手元にある場合は、au系の格安SIMであれば、同様の事が言えます。

ではSIMPEDIAから格安SIMを探してみましょう。まずトップページです。

 

各記事からも格安SIMに関するさまざま情報を得ることができますが、まずは、サイト上部(SIMPEDIAのロゴのすぐ下の黒いボタンの列の中央)の「SIMプラン比較」のボタンをクリックしてみます。

そうするとSIMプラン比較ページになりますので、SIMプラン比較から、ここでは任意に「音声通話SIM」(ページ上部の「SIMプラン比較の大きなバナーのすぐ左下」)をクリックします。

 

そうすると音声通話付き格安SIMの一覧が表示されます。さきほどの選ぶポイントに従って、自分に合った格安SIMを選んでみましょう。

ちなみにですが、筆者の考える現時点での最適な格安SIMのプランを考えてみたいと思います。

 

想定例:

音声通話付きSIM+定額で月毎のデータ容量無制限+Mbps以上の通信速度(理論値)

個人的にはこれが格安SIMに求める条件です。音声定額までを求めたいところですが、残念ながら現時点で格安SIMでは、音声定額に対応したプランはありません。

この条件にかなうプランは「ぷららモバイルLTE」の「定額無制限プラン 音声通話プラス」しかありません。

 

ではSIMPEDIAのSIMプラン比較から「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン 音声通話プラス」の申し込みまでをみてみましょう。

上記のトップページから「SIMプラン比較」をクリックします。

画面左側の列の「ブランド」から「ぷららモバイルLTE」を比較します。

http://simpedia.jp/sim/plan/brand/pla/

 

表示された一覧から、「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン 音声通話プラス」をクリックします。

http://simpedia.jp/sim/plan/brand/pla/001132/

 

「お申し込みはこちら(公式サイトへ)」というボタンが表示されますので、そのボタンをクリックし、公式サイトに移って、必要に応じて申し込みを行えます。


  • 各端末の料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBEモバイルの料金や
    キャンペーンをご確認いただけます。