1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. これから家を建てるなら!「光コンセント」配置のコツ

スマホ代、安くなるカナ?
これから家を建てるなら!「光コンセント」配置のコツ

これから家を建てるなら!「光コンセント」配置のコツ

パソコンにタブレットにスマホ。おうちで使う電子機器が増えると、より快適なインターネット環境を整えたいものですよね。そこで導入を考えたいのが「光コンセント」です。特に、これから家を新築する予定があるなら、最初からおうちに光コンセントがあるととても便利ですよ。この記事では、あなたの生活スタイルに合った光コンセントの配置場所について、ご紹介したいと思います。

まずは知りたい!光コンセントとは?

「光コンセント」とはどのようなものなのでしょうか。簡単に言うと「光回線専用の差し込み口が付いているコンセント」です。住宅では一般的な埋め込み式の二口型コンセントだけではなく、光回線ケーブル専用のコンセント口がついているものが「光コンセント」と呼ばれます。コンセントに「光」という文字が入っているなど、パッと見て光コンセントであることが分かるつくりになっています。

 

光回線を引く際、現時点で住んでいる住宅に光コンセントがない場合は、設置工事をおこなう必要があります。でも、これから住宅建築を考えているなら、最初から光コンセントを設置しておけば工事が簡単になるので、おすすめですよ。

 

ここでひとつ注意していただきたいのは、「光コンセントは住宅にひとつだけ」という点です。コンセントと聞くと家中に複数配置できるように思いがちですが、通常、光回線の契約は住宅一軒につき一回線だけなので、光コンセントも一家にひとつということになります。だからこそ、設置場所は後悔しないように事前によく考えておきたいですね。

光コンセント設置場所「隠したい場合」のおすすめは?

さて、光コンセントがどのようなものか分かったら、新築のおうちのどこに配置したいか、イメージしてみましょう。まず考えていただきたいのは「隠したいか、隠さなくてもいいか」です。

 

光コンセントには、ONUと呼ばれる光回線終端装置をケーブルで繋げる必要があります。パソコンやスマホなど複数の電子機器をWi-Fi接続したい場合、ルーター機能内蔵型のONUでなければ、さらにONUと無線ルーターを繋げる必要があります。

 

このように、光コンセントの周囲にはケーブルがたくさん集まりがちなので、「ケーブルがごちゃついている様子を隠したい」という場合は、以下の設置場所がおすすめです。ただし、隠す場所と置く機器によっては電波状況に影響が出るケースもあります。間取りや主に使用する場所、機器の種類などとあわせて慎重に検討してください。

「隠したい場合その1」浴室の天井裏

最近は新築時に、浴室の天井裏に住宅の全配線を集約させるケースが多くなっています。配線工事の際、光コンセントも一緒に配置してもらえれば、配線箇所がひとつにまとまることになりますね。これなら来客時はもちろん、家族ですらケーブルを目にすることがなくなるので本当の意味で家中がスッキリ!


ただし配線が全く見えなくなりますので、定期的にメンテナンスしたい人や、機器の設定を頻繁に変更する可能性がある人には向かないかもしれません。、専門家に相談のうえ検討してみましょう。

「隠したい場合その2」クローゼットの中

最近の家は、玄関まわりにウォークインクローゼットやシューズクローゼットを設けるのが人気です。その場合、クローゼットの中の壁にこっそりと光コンセントを配置してもらうのも手です。人目につかないのも魅力ですが、もしもの場合、ケーブルまわりの状態をすぐにチェックできるのも安心ですよね。


ただし、衣類などを収納する場所なので、埃がたまりやすくなります。安全に使うためにも、光コンセントまわりの掃除を忘れないようにしましょう。

▲「隠したい派」ならクローゼットの中という案も

光コンセント設置場所「隠さなくてもいい場合」のおすすめは?

「ケーブルは隠れなくてもいいから、使い勝手のいい場所に光コンセントを設置したい」という場合は、使用する頻度の高い電子機器の近くがおすすめです。

「隠さなくてもいい場合その1」電話機の近く

最もイメージしやすいのが、電話機の近くに光コンセントがある風景ではないでしょうか。特にひかり電話を利用するなら、電話機をONUに繋げる必要があります。となると、やはり電話機の近くに光コンセントがある方がスムーズですよね。ひかり電話を使う場合の、最も一般的な配置場所です。

「隠さなくてもいい場合その2」リビングの壁

家族が集まるリビングには、電話機だけでなく、テレビやパソコン、ゲームなどさまざまなガジェットがあるものです。スマホやタブレットを使うのもリビングが多い、という場合は、リビングの壁に光コンセントを配置し、近くに棚などを置いてその上にONUやWi-Fiルーターを設置しましょう。

 

人目には付きますが、壁などに遮られることがないため、速度が落ちる心配が少ないのが大きなメリット。ケーブルはおしゃれなクリップなどでまとめておくと、来客時でも気になりません。

▲リビングで使う電子機器が多いなら、同室に光コンセントを配置しよう

 

新築した家で光回線を使うなら、ぜひ検討したい光コンセント。新しいおうちでインターネット機器を使うことをイメージして、あなたに最適の場所を考えてみましょう。後悔のないインターネットライフは、光コンセントの配置決めからスタートしますよ!

 

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

 

「インターネット回線が遅い」                        
「インターネット料金が高い」                        
などのお悩みはありませんか?                        
                        
安定した速度とリーズナブルな光回線なら、                        
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。  

                     
「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。                        
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。
                   
ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック!    

Contributor

松重明子

日本史好きな三児の母。ビールを嗜みつつ猫を愛でつつ読書をする時間が至福です。ウォーキングやストレッチも好きなので、健康情報にも関心あり。

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK