1. 格安SIM/スマホ TOP
  2. しむぐらし
  3. テザリングでもOK?自宅のスマート化に適したネット環境って?

スマホ代、安くなるカナ?
テザリングでもOK?自宅のスマート化に適したネット環境って?

テザリングでもOK?自宅のスマート化に適したネット環境って?

スマートホームのためのアイテムはいまやたくさんでています。Alexaの使えるecho端末やスマート電球、スマートリモコンを導入すれば、自宅での音楽再生、照明の制御、テレビのオンオフ、ロールスクリーンの開閉などいろんなシーンでスマート化を図ることができます。

 

でも、ひとつ見落としてはいけないことがあります。それは、自宅のネット環境がスマートホーム化に適しているかどうか、です。「Wi-Fiがあれば使えるんでしょ」と甘くみてはいけません。同じWi-Fiでも、光回線からモバイルルータまでいろんな種類がありますが、そのすべてがスマートホームに適しているとは限らないからです。

 

そこで今回は、自宅をスマートホーム化するためのネット環境についてみていきたいと思います。

安定感をもとめるなら「光回線」がおすすめ


スマートホームに必要なネット環境では、特に通信の「安定性」と「エリアの網羅性」が重要です。

 

特に戸建てなどの広い住居に住む方においては、リビングやキッチンでは通信が安定していても、ちょっと遠い寝室や書斎などでは通信が不安定だという方もいると思います。スマート家電は基本的に常時ネット環境に接続している必要があり、アクションをリクエストしたときにはすぐに応じてくれないと意味がありません。また、複数のスマートスピーカーで同時に音楽をマルチ再生したいときなどにぶつぶつ途切れてしまうのも困りものです。

 

その点、工事を実施して固定回線からネットワークを引き入れる光回線は、ネットの速度や安定性において、現状ではスマートホームにもっとも適したWi-Fiネットワークと言えるでしょう。

工事不要、コンセントに差すだけの「ホームルーター」も悪くない

光回線に対抗するものとしては「ホームルーター」が挙げられます。ホームルーターは、工事不要で自宅のコンセントに差すだけですぐに利用できるというモバイルルーターの良いところを残しつつ、自宅でより快適にネット利用できるように速度・電波強度がアップグレードされています。そのため、モバイルルーターよりもサイズは大きめです。

 

スマートホームを導入するなら最低限これくらいのレベルのネット環境を整備しておきたいところ。固定回線に比べると不安定さは否めませんが、「ネットのために工事をするのはちょっと」という方や引っ越しの多い方には良い選択肢になるのではないかと思います。

モバイルルーターはあまりおすすめできない

次はモバイルルーターです。モバイルルーターも、ホームルーターと同様モバイル回線を使用してネット環境を構築してくれるものですが、携帯性を重視しているため、ホームルーターほどは速度や電波の強度がありません。使いたいスマート家電の近くにモバイルルーターを持っていく必要があったりと、スマートホームを実現するに際しては、あまり現実的な選択肢とはいえないでしょう。

 

また接続可能台数にも要注意。モバイルルーターは接続上限が10台までなどと制限されている機器が多いため、スマホ・タブレットや他のガジェットなども接続したうえで、残りの狭き枠にスマート家電を接続することになります。今後追加していけるアイテム数も、ごくわずかとなってしまいます。

 

実際、筆者は戸建てへ引っ越しをした際、光回線が使えるようになるまでの1週間ほどをモバイルルーターで凌いでいました。しかし、やはり接続可能台数10台という壁に阻まれ、手持ちのスマート家電のほんの一部しか利用することが出来ず非常に不便だったことを覚えています。

 

そして、もし外にモバイルルーターを持ち出す場合、その間は自宅にネット環境がなくなることになります。外出先から照明をつけたり、エアコンをつけたり、といったスマートホーム化の醍醐味が半減してしまうため、モバイルルーターはスマートホーム化には実用的ではありません。

スマホのテザリングは無理がある

では、スマホのテザリングはどうかというと、スマートホーム化には全く適しません。モバイルルーター同様に速度・電波強度の面で頼りないだけでなく、テザリングするスマホを持って外出してしまえば、やはり自宅のネット環境がなくなりスマート家電が使えなくなります。


また、モバイルルーターよりも接続可能台数が低い傾向にあり、代表的なiPhoneでいえばたった5台です。加えて、多くのスマホユーザーは月々の利用可能ギガ数に制限があるはずで、そのギガの中で常時ネット接続が必要なスマート家電を利用するのは相当な無理があると言えるでしょう。

スマート家電を買うなら、ネット環境のことも考えておこう

いかがでしたでしょうか。工事を避けたい方や引っ越しが多い方にはホームルーターでもよさそうですが、そうでない方はやはりスマートホーム化には光回線ベースのWi-Fi環境がよさそうです。

 

筆者はコロナ禍で自宅のスマート化を一気に加速させましたが、一度その便利さに気づくとスマート家電をどんどん増やしたい衝動に駆られます。そういう意味では、将来的に接続数が増えることも見越したうえで、安定したネット環境を備えておく方が良いのかもしれませんね。

 

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

 

「インターネット回線が遅い」                        
「インターネット料金が高い」                        
などのお悩みはありませんか?                        
                        
安定した速度とリーズナブルな光回線なら、                        
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。  

                     
「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。                        
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。
                   
ビッグローブ光について詳しく知りたい方は、こちらのバナーをクリック!    

Contributor

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身。WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターの中の人もこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き

次に読むNEXT

特集FEATURE

特集一覧

お困りのことはありませんか?

格安SIM・スマホならBIGLOBEモバイル 今すぐCHECK