1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 【Alcatel PIXI 4レビュー】月額420円で買える格安スマホは本当に使えるのか

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

【Alcatel PIXI 4レビュー】月額420円で買える格安スマホは本当に使えるのか

使い方次第でスマホの通信料を大幅に削減できる「格安スマホ」。

BIGLOBE SIMとスマホを組み合わせた「BIGLOBEスマホ」も、人気のMVNO(格安スマホを扱うメーカー)です。

そんな「BIGLOBEスマホ」に、さらなる格安モデル「Alcatel PIXI 4」が登場しました。

なんと、端末料金と通信料を合わせても月額1,320円(税別)から利用できるモデルです!

でも「いくら安くても機能的に使えないんじゃ、意味ないよね」なんて声も聞こえてきそうなので、今回は「Alcatel PIXI 4」にどれほどの実力があるのか、その機能と使い勝手を検証してみたいと思います。

スペックだけではわからなかった外観&操作感

外観はエッジが丸みを帯びていて、今どきの洗練されたデザイン。

持った感じは、ディスプレイが5インチなので手に収まりやすく、片手でも扱いやすい印象です。

サイズは140.7×72.5×9.5mmと、iPhone 6sの138.3×67.1×7.1mmよりもわずかに大きい程度。

重量は約169gとiPhone 6sの約143gよりも約26gも重いスペックですが、これについては重い印象はありません。

本体の外装はプラスチックです。

最近のスマホはメタルボディやガラスボディが多いので、随分印象が違いますね。

さて、実際に操作してみた印象ですが、サイトを検索してページが表示されるまでや次のページに進むときなどは、表示されるまでの時間は少々遅く感じました。

メモリが1GBなのでデータの処理が遅くなるようです。

しかしSNSなどを閲覧するのには、まったく問題ありません。

そしてディスプレイですが、画面解像度は854×480ドット。

今どきのスマホは1280×720ドットのHD、もしくは1920×1080ドットのフルHDが主流なので、その数字で比較すると見劣りしているように感じますが、あまり気にならないというのが正直なところです。

(実際に高解像度のディスプレイと見比べれば、もちろん違いはあります。でも、このスマホ単体で見ると気になりません。)

格安とはいえ、音にはこだわりを見せる

“格安”と言っていますが、こだわるところはこだわっているようです。

フランス・アルカミス社の先進的なオーディオ技術を採用し、通話や音楽、ゲームなどを高音質で楽しめるようにしています。

実際にフロントについているスピーカーからの音を聞いてみると、少々乾いた感じの音質ではありましたが、とてもクリアに聞くことができました。

もっと高音質で音楽を楽しみたければ、イヤホンやBluetoothスピーカーで楽しむのがいいでしょう。

もちろん、Bluetoothには対応しています。

カメラの画素数は低いが、使ってみれば……

搭載されているカメラは、リアカメラが500万画素(ソフトウェアで800万画素対応)、フロントカメラが200万画素(ソフトウェアで500万画素対応)。

今どきのスマホのカメラは1,000万画素以上が当たり前のようになっていることを考えると、低い数字に見えます。

しかし、基本的に写真をスマホやパソコンで見るだけという方には、問題ないと感じました。

実際に撮影をしてみると、少し発色がもの足りないように感じますが、そこまで気になるほどではありません。

SNSにアップしたり、友達に送ったりするのには十分なクオリティ。

ただし、被写体があまり近いとピントが合わないので、小さな野草を撮影したり、小物のディティールをアップで撮ったりするのは苦手なようです。

装備されているカメラ機能は、HDRやパノラマ撮影、顔検出、ジオタグ、電子式手ぶれ補正など、便利な機能はきちんと押さえられています。

さらに「ポラロイド」モードという、撮った写真をポラロイド写真のように加工できる機能も装備されています。

ポラロイド写真ならではの正方形で撮影し、色のにじみや浅い色味を再現してくれます。

さらにポラロイド写真のような白い縁をつけたり、カラフルなフレームで飾ることも可能。SNS映えする個性的な写真を簡単に撮ることができます。

撮った写真を保存するストレージは、8GBとほかの機種に比べると少ないので、microSDは用意したほうがよさそうです。

最大で32GBのmicroSDを利用することができます。

シンプルに、そして安くスマホを楽しみたい人へ

格安スマホのなかでも格安なこの「Alcatel PIXI 4」。

スマホのスペックを表す数字で比較すると他のスマホより見劣りしますが、実際に使ってみると、そこまで劣っている印象は受けませんでした。

使う機能は電話やメールがほとんど、インターネットはFacebookなどのSNSを見たり、調べ物をする程度という使い方がシンプルな人。

スマホは使ってみたいけど、できるだけ通信料かけずにスマホライフを楽しみたい人。

そんな人におすすめのモデルです。

ちなみに月額1,320円の内訳は、端末料金420円(×24ヶ月)にデータ通信のみのプラン900円を加えた料金。

一般的な音声通話ではなく、無料通話アプリを使っての通話しかできません。

家族や決まった人としか電話をしない場合はこれでもOKですが、普通に電話としても使いたいという人は、音声通話ができるプラン1,400円を選ぶと良いでしょう。

この場合、料金は420円+1,400円=1,820円となります。

これでも十分に格安ですね!

このほかにもさまざまな料金プランやオプションが用意されているので、興味のある人は一度、BIGLOBEのサイトをチェックしてみてください。

これまでの通信料より、格段に安くなるプランが見つかるかもしれませんよ!

PIXI4もBIGLOBEでの購入がオススメ!

BIGLOBEならスマホ端末の購入はもちろん、スマホの水没や落下などによる故障を保証してくれる「端末あんしんサービス」に加入することができるからもしもの時に安心です!

さらに、キャンペーンも実施しているので、実際の価格よりさらにおトクにご利用いただけます。(2017年5月現在)

ぜひ一度ご確認ください。

 

alcatel PIXI4の詳細をみる

 

この記事を書いた人:牛島義之

この記事もオススメ


  • BIGLOBE スマホの料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。
    おトクなキャンペーンも実施中です。