BIGLOBE SIM/ スマホ申込専用ダイヤル
0120-996-962
受付時間
9:00~21:00(年中無休)
申し込む
メニュー

しむ暮らし

格安SIMのあるちょっと豊かな暮らしを提案するサイト

話題のHUAWEI新端末HUAWEI novaを徹底レビュー!


デザイン性を重視したミドルクラスのHUAWEIの新モデル novaシリーズ。その第一弾となるHUAWEI nova が、ついに日本でも発売開始となりました!

「海外で発表されたときからずっと気になっていたんですよね~」ってことで、早速レビューしていきます。(同時に発売されたnova liteの記事はこちらから)

気になるHUAWEI novaのスペック

HUAWEI nova は、デュアルスタンバイ(LTE/3G)ができるということで、同じ機能を持つZenFone 3Moto G4 Plusと比較してみました。

HUAWEI nova、ZenFone 3、Moto G4 Plusのスペック比較

製品名

HUAWEI nova

ZenFone 3

Moto G4 Plus

発売日 2017年2月24日 2016年10月7日 2016年7月22日
OS Android 6.0 Android 6.0 Android 6.0
ディスプレイ 5.0型IPS液晶 
(LEDバックライト)

5.2型ワイド TFTカラータッチ
スクリーン Super IPS+液晶 
(LEDバックライト)

5.5型液晶

解像度 1,920×1,080ドット (フルHD) 1,920×1,080ドット (フルHD) 1,920×1,080ドット (フルHD)
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 625
 (オクタコアCPU)
2.0GHz
Qualcomm Snapdragon 625
 (オクタコアCPU)
2.0 GHz
Qualcomm Snapdragon 617
 (オクタコアCPU)
1.5GHz
RAM 3GB 3GB 3GB
内臓ストレージ 32GB 32GB 32GB

外部メモリ(micro
SDメモリーカード)

最大128GB 最大2TB 最大128GB
背面カメラ 1,200万画素 1,600万画素 1,600万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素 500万画素
ネットワーク
周波数帯(LTE)
B1/B3/B5/B7/B8
/B18/B19/B28/B38/B40
B1/B2/B3/B5/B7/B8
/B18/B19/B26/B28/B38
/B39/B40/B41
B1/B2/B5/B7/B8
/B19/B20/B28/B40
ネットワーク
周波数帯(W-CDMA)
B1/B5/B6/B8/B19 B1/B2/B5/B6/B8/B19 B1/B2/B5/B8/B19
テザリング 対応 対応 対応
無線LAN 
(WiFi)
IEEE802.11b/g/n IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.1

GPS

対応 対応 対応
センサー 指紋センサー
近接センサー
ジャイロスコープ
光センサー
電子コンパス
加速度センサー
HALLセンサー
指紋センター
近接センサー
ジャイロスコープ
光センサー
磁気センサー
電子コンパス
加速度センサー
RGBセンサー
指紋センサー
近接センサー
ジャイロスコープ
光センサー
加速度センサー
バッテリー容量 3,020mAh 2,650mAh 3,000mAh
本体サイズ 高さ141.2mm×幅69.1mm×奥行き7.1mm 高さ約146.8mm×幅約73.9mm×奥行き約7.69mm 高さ約152.9mmm×幅幅約76.5mm×奥行き約7.87mm
(カメラ部:9.78mm)
重量 約146g 約144g 約157g
SIMタイプ ①    nanoSIMスロット
②    nanoSIMスロット※1
①microSIMスロット
②nanoSIMスロット※1
①microSIMスロット※2
②microSIMスロット※2

デュアルスタンバイ(LTE/3G)

BIGLOBEの端末料金(アシストパック) ※3

1,570円(税別)×24カ月 1,650円(税別)×24カ月 1,490円(税別)×24カ月

※1 nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。
※2 nanoSIMは純正アダプタで利用可能です。
※3 アシストパック月額加算料の支払い期間は、サービス開始月の翌月を1カ月目として24カ月目まで。24カ月目未満に解約した場合、利用月に応じてアシストパック加算分契約解除料を支払う必要があります。

モンスター級のスペックと言われたZenFone 3と比べても遜色ないスペックですね。

背面カメラの画素数/対応周波数の種類/センサーの種類/無線LANの機能などはZenFone 3に若干劣ってしまいますが、その代わりに、バッテリー容量が増え、価格もリーズナブルになっています。

また、ZenFone 3と比べて、大きさが一回り小さくなっているのも特長のひとつですね。幅が69.1mmとなっており、片手持ちしたいユーザーにぴったりのサイズ感です。

一方、Moto G4 Plusと比較すると、HUAWEI nova の方が若干高スペックです。

CPUの性能/対応周波数/センサーの種類はHUAWEI novaが、背面カメラの画素数/無線LANの機能は、Moto G4 Plusが勝っています。ただ、その中でも最も大きな差と言えるのが、SIMカードを挿すスロットの形状でしょうか?

HUAWEI novaはnanoSIMカードスロットの1つがmicroSDカードスロットと排他利用となるため、同時に使用することはできませんが、Moto G4 PlusはmicroSIMスロット×2※2、microSDスロットと3つあるので、すべて同時に使用することが可能です!

デュアルスタンバイと同時にmicroSDも使いたい!という方はMoto G4 Plus、最新機種で高スペックを求める方はHUAWEI novaがそれぞれ良さそうですね。

HUAWEI novaのフォトレビュー

正面 
sl_front

前面カメラは800万画素


背面

sl_back

背面カメラは1200画素、カメラの右にLEDフラッシュ、背面上部に指紋センサー

前面斜め 右
sl_angled


右側面に音量ボタン。音量ボタンの下に電源ボタン


前面斜め 左

gold_leftangled

左側面にnano SIMカード×2 / microSDコンボカードスロット※ 
※ nanoSIMカードの1つとmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。

HUAWEI novaを触ってみて

デザイン性にこだわったというHUAWEI novaですが、やっぱりスタイリッシュで格好良いですね!

全体的に丸みを帯びた形状で、角はダイヤモンドカットをされています。そのおかげか、実際に片手持ちしてみたところ、ストレスなく操作できました!(当方、身長170cmの男です)。

ZenFone 3のサイズでも何とか片手持ちできるんですが、操作のしやすさが全然違いますね~。
 
また、カメラ部分が出っ張ってないことで、よりスタイリッシュさが強調されています。デザインとしては、iPhoneに近いので、iPhoneユーザーの方にも、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

スペック、金額、デザイン(持ちやすさ)の観点でバランスが良い端末は、現時点ではHUAWEI nova

もちろん、ZenFone 3Moto G4 Plusそれぞれにも特長があるので、ぜひこの機会に買い替えの検討を!

  • BIGLOBE スマホの料金や特長、スペックなどをご確認いただけます。
  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。おトクなキャンペーンも実施中です。
  • ガラケーやスマホから格安SIM・スマホへ お乗換え検討中の方はこちらもご参照ください。
  • 格安SIMにすると、こんなに安くなります! 下記料金シミュレーターで、料金を比較してみましょう。
  • パソコンやスマホの実用技から、日常の雑学まで 「いまこれが面白い!」「いま使える」情報を発信。
  • スマホのわからないを解決するウェブマガジン。 スマホ比較や体験レポート、豆知識をお届け。