しむ暮らし

格安SIMのあるちょっと豊かな暮らしを提案するサイト

ASUS新端末ZenFone 3 Max (ZC520TL)(ZC553KL)を徹底比較!

ZenFone 3 Laser、ZenFone 3 との違いは? ZenFone 3 Max (ZC520TL)やZenFone 3 Max (ZC553KL)の新機能や特長のすべて

2017年1月、ついに発表されたZenFone 3 Max(ZC520TL)。

カラーは、シルバー/ゴールド/グレーの3種類あり、上品で高級感あるメタルボディーの中に0.3秒でアンロック可能な指紋センサーなどを搭載しています。

それでは、既に発売されているZenFone 3 Laser、ZenFone 3と比較した場合、その仕様に違いあるのか、まずはスペック表にまとめてみました。

※ メーカー調べ
 

ZenFone 3 Max(ZC520TL)、ZenFone 3 Laser、ZenFone 3 のスペック比較

製品名

ZenFone 3 Max
(ZC520TL)

ZenFone 3 Max

ZenFone 3 Laser
(ZC551KL) 

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3
 (ZE520KL) ZenFone 3
OS Android 6.0 Android 6.0.1 Android 6.0.1
ディスプレイ 5.2型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 
(LEDバックライト)
5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶
 (LEDバックライト)
5.2型ワイド TFTカラータッチスクリーン 
Super IPS+液晶 (LEDバックライト)
解像度 1,280×720ドット (HD) 1,920×1,080ドット (フルHD) 1,920×1,080ドット (フルHD)
プロセッサ MediaTek MT6737M
 (クアッドコアCPU)
1.25GHz
Qualcomm Snapdragon 430
(オクタコアCPU)
1.4GHz
Qualcomm Snapdragon 625
 (オクタコアCPU)
2.0 GHz
RAM 2GB 4GB 3GB
内臓ストレージ 16GB 32GB 32GB

外部メモリ(micro
SDメモリーカード)

最大32GB 最大128GB 最大2TB
背面カメラ 1,300万画素 1,300万画素 1,600万画素
前面カメラ 500万画素 800万画素 800万画素
ネットワーク
周波数帯(LTE)
<FDD-LTE>
B1/B2/B3/B4/B5/B7
/B8/B18/B19/B26/B28
<TD-LTE>
B38/B41
<FDD-LTE>
B1/B2/B3/B5/B6/B7
/B8/B18/B19/B28
<TD-LTE>
B38/B41
<FDD-LTE>
B1/B2/B3/B5/B7
/B8/B18/B19/B26/B28 
<TD-LTE>
B38/B39/B40/B41
ネットワーク
周波数帯(W-CDMA)
B1/B2/B5/B6/B8 B1/B2/B5/B6/B8/B19 B1/B2/B5/B6/B8/B19
テザリング 対応 対応 対応
無線LAN 
(WiFi)
IEEE802.11b/g/n IEEE802.11b/g/n IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2

GPS

対応 対応 対応
センサー 加速度センサー
電子コンパス
光センサー
近接センサー
指紋センサー
加速度センサー
電子コンパス
光センサー
近接センサー
指紋センサー
磁気センサー
ジャイロスコープ
RGBセンサー
加速度センサー
電子コンパス
光センサー
近接センサー
指紋センサー
磁気センサー
ジャイロスコープ
RGBセンサー
バッテリー容量 4,100mAh 3,000mAh 2,650mAh
連続通話時間 ※1 約1,188分(3G) 約1,176分(3G)
約1,438分(au VoLTE)
約1,637分(3G)
約1,134分(au VoLTE)
連続待受時間 ※1 約720時間(3G) 約528時間(3G)
約501.6時間 (au VoLTE)
約434時間 (3G)
約493.6時間 (au VoLTE)
本体サイズ 高さ約149.5mm×幅約73.7mm×奥行き約8.55mm 高さ約149mm×幅約76mm×奥行き約7.9mm 高さ約146.8mm×幅約73.9mm×奥行き約7.69mm
重量 約160g 約150g 約144g
SIMタイプ※2 microSIMスロット
nanoSIMスロット
microSIMスロット
nanoSIMスロット
microSIMスロット
nanoSIMスロット

デュアルスタンバイ(LTE/3G)

× ×

BIGLOBEの端末料金(アシストパック) ※3

820円(税別)×24カ月 1,150円(税別)×24カ月 1,650円(税別)×24カ月

※1 連続通話時間、連続待受時間は、電波を正常に受信できる状態でのメーカー調べの利用時間です。使用状況や設定などによって記載時間と異なることがあります。
※2 nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。
※3 アシストパック月額加算料の支払い期間は、サービス開始月の翌月を1カ月目として24カ月目まで。24カ月目未満に解約した場合、利用月に応じてアシストパック加算分契約解除料を支払う必要があります。

「ZenFone 3 Max(ZC520TL)」をスペック表から見てみると、次のような特長がありました。

バッテリー容量 

ZenFone 3 Laserが3,000mAh、ZenFone 3が2,650mAhに対し、ZenFone 3 Max(ZC520TL) は4,100 mAh 

連続待受時間(3G通信)

ZenFone 3 Laserが約528時間、ZenFone 3が約434時間 に対し、ZenFone 3 Max(ZC520TL) は720時間

BIGLOBE端末料金(アシストパック)

ZenFone 3 Laserが1,150円(税別)×24カ月、ZenFone 3が1,650円(税別)×24カ月に対し、ZenFone 3 Max(ZC520TL) は820円(税別)×24カ月


ZenFone 3 Max(ZC520TL)は、ZenFone 3 Laser、ZenFone 3と比較して、バッテリー容量が4,100 mAhと大容量で、連続待受時間(3G)は720時間と長時間使用に適した機種です。

また価格は、BIGLOBEの端末料金(アシストパック)として、820円(税別)×24カ月と比較的購入しやすいのも特長です。

ZenFone 3 Max(ZC520TL)のフォトレビュー

正面 

正面画像

前面カメラは500万画素


背面

背面画像

背面カメラは1,300画素、カメラの下に指紋センサー、カメラの左にLEDフラッシュ


背面斜め 右

斜め右画像

右側面に音量ボタン。音量ボタンの下に電源ボタン


背面斜め 左

斜め左画像

左側面にmicro・nano SIMカード / microSDコンボカードスロット※ 
下側面にマイク、micro USBポート
※ nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。

ZenFone 3 Max(ZC520TL)のリバースチャージ機能

リバースチャージ

ZenFone 3 Max(ZC520TL)は、前機種「ZenFone Max」同様にモバイルバッテリーのように他の端末に給電できる「リバースチャージ機能」を兼ね備えています。

4,100 mAhの大容量を活かし、付属の変換ケーブルを使用することでスマートフォンやタブレット、モバイルルーターも充電することが可能です。

5.5型の上位モデル「ZenFone 3 Max (ZC553KL)」 登場

zenfone3max_add01

2017年4月、5.5型の「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」が発売されました。

5.2型「ZenFone 3 Max(ZC520TL)」との違いは、カラーがシルバーからローズピンクに変更され、ゴールド/グレー/ローズピンクの3種類のラインナップに。

またベゼル幅約2.25mmの5.5インチのディスプレイ、奥行き約8.3mmというスリムボディに4,100Ahの大容量バッテリーを搭載しています。

その他詳細は、次のZenFone 3 シリーズの比較表で見てみましょう。

ZenFone 3 Max(ZC553KL)、ZenFone 3 Max(ZC520TL)、ZenFone 3 Laser、ZenFone 3のスペック比較

製品名

ZenFone 3 Max
(ZC553KL)

ZenFone 3 Max (ZC553KL)

ZenFone 3 Max
(ZC520TL)

ZenFone 3 Max

ZenFone 3 Laser
(ZC551KL) 

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3
 (ZE520KL) ZenFone 3
OS Android 6.0.1 Android 6.0 Android 6.0.1 Android 6.0.1
ディスプレイ 5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶
 (LEDバックライト)
5.2型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 
(LEDバックライト)
5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶
 (LEDバックライト)
5.2型ワイド TFTカラータッチスクリーン 
Super IPS+液晶 (LEDバックライト)
解像度 1,920×1,080ドット (フルHD) 1,280×720ドット (HD) 1,920×1,080ドット (フルHD) 1,920×1,080ドット (フルHD)
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 430
(オクタコアCPU)
1.4GHz
MediaTek MT6737M
 (クアッドコアCPU)
1.25GHz
Qualcomm Snapdragon 430
(オクタコアCPU)
1.4GHz
Qualcomm Snapdragon 625
 (オクタコアCPU)
2.0 GHz
RAM 3GB 2GB 4GB 3GB
内臓ストレージ 32GB 16GB 32GB 32GB

外部メモリ(micro
SDメモリーカード)

最大128GB 最大32GB 最大128GB 最大2TB
背面カメラ 1,600万画素 1,300万画素 1,300万画素 1,600万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素 800万画素 800万画素
ネットワーク
周波数帯(LTE)
<FDD-LTE>
B1/B2/B3/B5/B7
/B8/B18/B19/B26/B28
<TD-LTE>
B38/B41
<FDD-LTE>
B1/B2/B3/B4/B5/B7
/B8/B18/B19/B26/B28
<TD-LTE>
B38/B41
<FDD-LTE>
B1/B2/B3/B5/B6/B7
/B8/B18/B19/B28
<TD-LTE>
B38/B41
<FDD-LTE>
B1/B2/B3/B5/B7
/B8/B18/B19/B26/B28 
<TD-LTE>
B38/B39/B40/B41
ネットワーク
周波数帯(W-CDMA)
B1/B2/B5/B6/B8/B19 B1/B2/B5/B6/B8 B1/B2/B5/B6/B8/B19 B1/B2/B5/B6/B8/B19
テザリング 対応 対応 対応 対応
無線LAN 
(WiFi)
IEEE802.11b/g/n IEEE802.11b/g/n IEEE802.11b/g/n IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2

GPS

対応 対応 対応 対応
センサー 加速度センサー
電子コンパス
光センサー
近接センサー
指紋センサー
ジャイロスコープ
加速度センサー
電子コンパス
光センサー
近接センサー
指紋センサー
加速度センサー
電子コンパス
光センサー
近接センサー
指紋センサー
磁気センサー
ジャイロスコープ
RGBセンサー
加速度センサー
電子コンパス
光センサー
近接センサー
指紋センサー
磁気センサー
ジャイロスコープ
RGBセンサー
バッテリー容量 4,100mAh 4,100mAh 3,000mAh 2,650mAh
連続通話時間 ※1 約1,020分(3G)
約1,566分(au VoLTE)
約1,188分(3G) 約1,176分(3G)
約1,438分(au VoLTE)
約1,637分(3G)
約1,134分(au VoLTE)
連続待受時間 ※1 約793.9時間(3G)
約909.3時間 (au VoLTE)
約720時間(3G) 約528時間(3G)
約501.6時間 (au VoLTE)
約434時間 (3G)
約493.6時間 (au VoLTE)
本体サイズ 高さ約151.4mm×幅約76.2mm×奥行き約8.3mm 高さ約149.5mm×幅約73.7mm×奥行き約8.55mm 高さ約149mm×幅約76mm×奥行き約7.9mm 高さ約146.8mm×幅約73.9mm×奥行き約7.69mm
重量 約175g 約160g 約150g 約144g
SIMタイプ※2 microSIMスロット
nanoSIMスロット
microSIMスロット
nanoSIMスロット
microSIMスロット
nanoSIMスロット
microSIMスロット
nanoSIMスロット

デュアルスタンバイ(LTE/3G)

× × ×

BIGLOBEの端末料金(アシストパック) ※3

1,150円(税別)×24カ月 820円(税別)×24カ月 1,150円(税別)×24カ月 1,650円(税別)×24カ月

※1 連続通話時間、連続待受時間は、電波を正常に受信できる状態でのメーカー調べの利用時間です。使用状況や設定などによって記載時間と異なることがあります。
※2 nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。
※3 アシストパック月額加算料の支払い期間は、サービス開始月の翌月を1カ月目として24カ月目まで。24カ月目未満に解約した場合、利用月に応じてアシストパック加算分契約解除料を支払う必要があります。

「ZenFone 3 Max (ZC553KL)」をスペック表から見てみると、次のような特長がありました。

バッテリー容量 

ZenFone 3 Laserが3,000mAh、ZenFone 3が2,650mAhに対し、ZenFone 3 Max(ZC553KL) は4,100 mAh (ZenFone 3 Max(ZC520TL)と同等)

連続待受時間(3G通信)

ZenFone 3 Laserが約528時間、ZenFone 3が約434時間、ZenFone 3 Max(ZC520TL) が約720時間に対し、ZenFone 3 Max(ZC553KL) は793.9時間

背面カメラ

ZenFone 3 Laser、ZenFone 3 Max(ZC520TL) が1,300万画素に対し、ZenFone 3 Max(ZC553KL) は1,600万画素 (ZenFone 3と同等)

前面カメラ

ZenFone 3 Max(ZC520TL) が500万画素に対し、ZenFone 3 Max(ZC553KL) は800万画素 (ZenFone 3、ZenFone 3 Laserと同等)


ZenFone 3 Max (ZC553KL)は、ZenFone 3 Max (ZC520TL) 、ZenFone 3 Laser、ZenFone 3と比較して、まずバッテリー容量が4,100 mAhと5.2型ZenFone 3 Max (ZC520TL)と同等の大容量ながら、連続待受時間(3G)は793.9時間とより長時間使用に適した機種です。

また背面カメラは1600万画素、前面カメラは800万画素と高画素な上、「レーザーオートフォーカス」や「像面位相差オートフォーカス」により0.03秒の超高速フォーカス機能を搭載。

カメラの機能性も十分な機種となっています。

ZenFone 3 Max (ZC553KL)のフォトレビュー

正面

前面カメラは800万画素、画面下にナビゲーションキー(ボタン3つ)


背面

背面カメラは1,600画素、カメラの下に指紋センサー、カメラの左にデュアルカラーLEDフラッシュ、カメラの右にレーザーオートフォーカス


背面斜め 右

 
右側面に音量ボタン。音量ボタンの下に電源ボタン


背面斜め 左

左側面にmicro・nano SIMカード / microSDコンボカードスロット※ 
下側面にスピーカー、micro USBポート、マイク
※ nanoSIMカードとmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。


「ZenFone 3 Max(ZC520TL)」は、バッテリー容量の増加を除いては、ZenFone 3の廉価版機種です。

メモリは2GBであったり、内蔵ストレージは16GB、外部メモリは最大32GBまでと機能が抑えられていますが、大容量バッテリーの分を考えても価格はお手頃となっています。

一方「ZenFone 3 Max (ZC553KL)」は、ZenFone 3 シリーズのミドルスペックの機種です。

仕様が近い「ZenFone 3 Laser」と比較すると、センサー機能などは抑えられているものの、大容量バッテリーや高機能カメラなど性能は高くなっており、その上「BIGLOBEの端末料金」は1,150円(税別)×24カ月の同一料金で、コストパフォーマンスが優れている機種となっています。

また、ZenFone 3シリーズでは新色のピンクは、女性からも人気のありそうです。

最後に、ZenFone 3の4機種から選び方を見てみましょう。

ZenFone 3 Laser」は、基本的な機能を備えながら、やや大きいディスプレイを求めるユーザー向けの機種です。

ZenFone 3」は、ハイスペックを求める中級者から上級者向け、

そして「ZenFone 3 Max (ZC520TL) 」は、スペックにこだわりはなく、お手頃な価格でZenFone 3端末を求める初心者向けの機種で、

さらに「ZenFone 3 Max (ZC553KL) 」は基本的な性能を備えながら、搭載カメラにはハイスペックを求める中級者から上級者向けの機種といえるでしょう。

 
  • BIGLOBE スマホの料金や特長、スペックなどをご確認いただけます。
  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。おトクなキャンペーンも実施中です。
  • ガラケーやスマホから格安SIM・スマホへ お乗換え検討中の方はこちらもご参照ください。
  • 格安SIMにすると、こんなに安くなります! 下記料金シミュレーターで、料金を比較してみましょう。
  • パソコンやスマホの実用技から、日常の雑学まで 「いまこれが面白い!」「いま使える」情報を発信。
  • スマホのわからないを解決するウェブマガジン。 スマホ比較や体験レポート、豆知識をお届け。