しむ暮らし

格安SIMのあるちょっと豊かな暮らしを提案するサイト

【みんなのスマホトラブル】Androidに機種変したらストレージを認識しない

格安SIMへの乗り換えを検討するとき、乗り換え先のMVNOに「格安スマホプラン」があったら、「せっかくだから機種変更もしようかな」と思う方も多いのではないでしょうか。

MVNOでプランと合わせて販売されているスマホの多くがAndroid。

ということで乗り換えを機に、それまで使っていたiPhoneからAndroidへ機種変更する方も多いようです。

今回は、iPhoneからAndroidに乗り換えたBさんの思わぬトラブルをご紹介します!

Androidスマホのストレージを認識しない!

日頃から、音楽をよく聞くというBさん。

iPhoneを使っていたときは、PCに音楽を取り込んでおけばそれだけでOK。

PCにiPhoneを繋いだら自動的にiTunesが起動するので、スムーズに同期できました。

でも、Androidに機種変更したところ、PCが端末自体は認識するのですが、「ストレージを認識しない」状態になってしまったんだそうです。

どうしても認識しないので、microSDに直接音楽データを入れ、AndroidスマホにそのmicroSDに入れるという方法で対処していたんだとか。

「開発者向けオプション」がカギ

通常はPCにUSBを接続したタイミングでAndroidスマホ画面で「充電のみ」「ファイルの転送」などを接続するメニューが自動で表示されるのですが、もし表示されない場合はBさんの解決方法を試してみてください。

Bさんが調べてわかった解決方法をご紹介します。

iTunesでAndroid端末のストレージを認識させるためには設定が必要でした。

[設定]→[開発者向けオプション]→[USB設定の選択]で接続端末を設定します。(この設定を、接続のたびに毎回する必要があるのでちょっと大変!)

USB接続方法を選択
 
「開発者向けオプション」はその名の通り開発者向けのもので、一般ユーザーが必要になることはあまりありません。

そのため、Android OS4.2以降ではデフォルトで表示されない仕様になっています。

いわゆる「隠しメニュー」状態になっていて、これを表示させる方法も少し厄介。
 
[設定]→[その他]→[端末情報]と進み、その中にある[ビルド情報]を数回タップします。

端末情報のビルド番号をタップ

この「数回」というのは5回という説も7回という説もあるので、とにかく「トントントン……」と連打してみましょう。

これで、[設定]の中に[開発者向けオプション]が表示されるようになります。

設定に開発者向けオプションが追加されました

他の原因かも?

AndroidスマホがPCでうまく認識されない原因は、ほかのところにある可能性もあります。

ごく基本的な下記のポイントも、一度試してみてくださいね。

 ・スマホのロックを解除する
 ・USBドライバをインストールし直す
 ・ケーブルを挿し直す、取り替える
 ・ケーブルを別のポートに挿してみる
 ・PCのセキュリティソフトの設定を見直してみる などなど。

このあたりを試してみると改善されることもあるかもしれません。

AndroidのスマホでiTunes同期ができなくて悩んでいるという方、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

 ・ スマホのセキュリティ対策にはどんなアプリをいれたらいい?

 ・ スマホが壊れたら?トラブルの前にチェックしておくべき対策

 ・ 他社端末でも中古でも!今使っている端末を保証してくれるBIGLOBEのサービス

  • BIGLOBE スマホの料金や特長、スペックなどをご確認いただけます。
  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。おトクなキャンペーンも実施中です。
  • ガラケーやスマホから格安SIM・スマホへ お乗換え検討中の方はこちらもご参照ください。
  • 格安SIMにすると、こんなに安くなります! 下記料金シミュレーターで、料金を比較してみましょう。
  • パソコンやスマホの実用技から、日常の雑学まで 「いまこれが面白い!」「いま使える」情報を発信。
  • スマホのわからないを解決するウェブマガジン。 スマホ比較や体験レポート、豆知識をお届け。