BIGLOBE SIM/ スマホ申込専用ダイヤル
0120-996-962
受付時間
9:00~21:00(年中無休)
申し込む
メニュー

格安SIMのサービス比較が見たい!

最新の主要な「音声通話付き格安SIM」を比較してみましょう。


大手かつ老舗プロバイダであるBIGLOBE、OCN、格安SIMの草分けであるb-mobileを取り上げて、月額料金などの目に見える数字の部分とあわせ、少し掘り下げた部分から、最適なプランを選ぶポイントについてみていきたいと思います。

BIGLOBE SIM

まずはBIGLOBE SIMです。
大手プロバイダの提供する音声通話付きSIMで、ドコモの通信網を使っています。ドコモのFOMAおよびXiの通信網に対応しており、ドコモと同等のエリアを誇っています。安定感があり、格安SIMに求められている内容を網羅した総合力のある音声通話付き格安SIMだと言えます。

●音声通話スタートプラン 1400円/月
データ通信容量1GB/月 最大通信速度225Mbps

●エントリープラン 1600円/月
データ通信容量3GB/月 最大通信速度225Mbps

●ライトSプラン 2150円/月
データ通信容量6GB/月 最大通信速度225Mbps

●12ギガプラン 3400円/月
データ通信容量 12GB/月 最大通信速度225Mbps

※全て税別

OCN モバイルONE

こちらも老舗のプロバイダが提供する音声通話付きSIMで、ドコモの通信網を使っています。主に月のデータ通信容量に従ってプランが設けられています。注目すべきは、OCN モバイル ONE 500kbpsコースで、月あたりのデータ通信容量が15GBと多めに設定されています。ただし、最大通信速度の理論値が500kbpsであり、最大通信速度が1Mbpsを下回ると、高画質の動画視聴に支障の出る可能性あり、せっかくのデータ容量を多くとったプランを生かしきれていない印象もあります。

●OCN モバイル ONE 110MB/日コース 1600円/月
データ通信容量110MB/日 最大通信速度150Mbps

●OCN モバイル ONE 170MB/日コース 2080円/月
データ通信容量170MB/日 最大通信速度150Mbps

●OCN モバイル ONE 3GB/月コース 1800円/月
データ通信容量3GB/月 最大通信速度150Mbps

●OCN モバイル ONE 5GB/月コース 2150円/月
データ通信容量 5GB/月 最大通信速度150Mbps

●OCN モバイル ONE 500kbpsコース 2500円/月
データ通信容量 15GB/月 最大通信速度500kbps

※全て税別

b-mobile SIM

格安SIM界の老舗ブランド。格安SIMのまさに草分けと言っていいでしょう。こちらには高速通信の月あたりの容量が定額のプランがありますが、最大通信速度が残念ながら非公開となっています。せめてベストエフォートの理論値、最大値は明示していただくのが、選ぶ側のユーザーにとってはより良いとも言えるでしょう。

●b-mobile SIM ライトプラン音声付 1980円
データ通信容量 3GB/月 最大通信速度 非公開

●b-mobile SIM 高速定額音声付 2780円
データ通信容量 無制限/月 最大通信速度 非公開

※全て税別

総合力で分があるのは?

おすすめのMVNOは?

ここで、ご紹介した3つのブランドの内、最大通信速度で言えば、BIGLOBE SIMの225Mbpsが圧勝になります。

月あたりのデータ通信容量ならb-mobile高速定額音声付プランが有利です。なにしろ「無制限」ですから。一方で前述したとおり、最大通信速度が非公開になっており、実際の使用環境でどこまで通信速度が出るのかは、使ってみなければ分かりません。ネット上で実際にb-mobile SIMの高速定額音声付プランを使っているユーザーの情報を確認するのがいいでしょう。仮に、概ね通信速度が1Mbpsを下回るようであれば、一般的にふだんのネットの利用でも体感的に、遅さを感じやすいと言われることが多いです。ただし、通信速度は利用する時間帯や場所により変化しますが、100Mbps以上であれば、問題なく利用することが出来るでしょう。

最大通信速度、月あたりのデータ容量、月額利用料を総合的にみますと、BIGLOBE SIMに軍配が上がるでしょう。ブランドの堅実さもあると言えます。また「BIGLOBEでんわ」という080/090の携帯番号が最大で半額になるサービスがある点や、プロバイダでBIGLOBEを使っているユーザーへの割引がある点などのメリットも加わります。

 

格安SIMのブランドやプランについて、「これならいい」「これはだめ」と断定するのは非常に難しいところがあります。なぜならユーザーによって重視するポイントが違うからです。しかしながら、各ブランドやプランの口コミをサイトなどで、つぶさに調べることによって、実際の使用環境についてはおおよその様子がつかめるかもしれません。もし通信速度に重きを置くなら、理論値よりも大幅に下回る通信速度しか出ないといった評価が多いブランドやプランは忌避すべきかもしれません。また、ユーザーサポートに重きを置くなら、サポートがいい加減なブランドはやはり忌避すべきでしょう。

ここでご紹介したブランドは、サービスの永続性という意味ではそれぞれ堅実といえるでしょう。多種多様な格安SIMブランドの中には途中でサービスを停止する事業者も存在しましたが、サービスの継続性、信頼性という点では、今回ピックアップした各キャリアは問題なさそうです。

 

> 相談室TOPに戻る