1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 格安スマホが壊れたときの対処法は?修理は可能?

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

格安スマホが壊れたときの対処法は?修理は可能?

保証サービスを使って修理する

使用している格安スマホが壊れてしまった場合の対処方法は、保証サービスを利用して修理する方法が一般的です。

多くの場合、格安スマホも大手キャリアと同様に、1年間の保証がついています。

そのため、購入から1年以内の自然故障であれば、無料で修理することが可能です。

 

ただし、保証期間内であっても、故意の故障や水没、落下などによる破損の場合は、有料での修理になるので気を付けましょう。

端末保証のサービスがある場合、そのサービスを利用するとよいでしょう。

この場合、あらかじめ保証プランに有料で加入しておく必要がありますが、新品と交換できることもあります。

BIGLOBEの場合、月額500円で「BIGLOBE SIM端末保証サービス」に加入することができます。

このサービスは、BIGLOBEで購入した端末でなくても、修理・交換に対応し、40,000円まで費用を保証してくれるというものです。

対象の端末が自然故障、または破損によって通信ができない状態であることが保証の条件です。

自然故障とは

自然故障とは、対象端末の取扱説明書に沿った使用のもとで発生した故障です。

ただし、対象端末の消耗、傷、汚損などは、保証の対象外となります。

破損とは

破損とは、落下や水漏れ、急激な外因により発生した偶然の事故による対象端末の全損、または一部の損傷です。

新しい端末に買い替えるのもあり

格安スマホは、月額料金が安いだけではなく、端末自体の価格も安いのが特徴です。

そこで、格安スマホが壊れてしまった場合には、新しい端末に買い替えるという選択もよいでしょう。

例えば、ロースペックの端末であれば、1万円台で購入することも可能です。

また、すでに新型が出ているシリーズの旧型を狙うのもよいでしょう。

最新のスマートフォンであっても、1年も経てば旧型となるので、安くなります。

性能の高いスマートフォンも、安価で手に入れられるかもしれません。

 

格安スマホの故障で多い原因とは

日進月歩で進化を続けるスマホ端末は、今やガラケーの時代とは比べ物にならないほど精密になってきています。

格安スマホもその最先端を行っていますが、精密機械である以上、故障はつきものです。

故障の原因として多いのは、アプリケーションの不具合による緊急停止(いわゆる「クラッシュ」)、ネットワークへの接続に関する不具合、カメラに関連する問題、バッテリーに関連する問題、そしてタッチスクリーンに関連する問題などです。

人為的な原因も多いため、日ごろから格安スマホの扱いには気を付けましょう。

この記事もオススメ


  • BIGLOBE スマホの料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。
    おトクなキャンペーンも実施中です。