1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 格安SIMで通信容量を超えるとどうなる?

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

格安SIMで通信容量を超えるとどうなる?

2017.10.30

通信容量を超えると通信速度が遅くなる

格安SIMもキャリアと同じように、契約プランによって通信容量が異なります。2GBや6GBなどのように1ヶ月のデータ使用量に上限があり、その上限を超えた場合には、速度制限がかかります。LTEや3Gといった高速通信を利用している場合、最大200kbpsといった速度に制限されます。この200kbpsという速度は、動画の視聴はもちろん、ウェブサイト閲覧なども厳しい通信速度です。

通信容量を超えてしまったときの対策について

使用している格安スマホが通信容量を超えてしまったときの対策を紹介します。

そのまま使い続ける

速度制限がかかっても、データ通信ができないわけではありません。メールやLINE程度であれば、通信速度が遅くても問題なく使えます。データ通信量は、月をまたげばリセットされるため、そのまま使って制限が解除されるのを待つのも1つの方法です。

有料で速度制限を解除する

どうしても高速通信が必要なときには、高速データ通信容量を追加で購入することも可能です。BIGLOBEモバイルでは、100MB単位で容量を追加購入できる「ボリュームチャージ」を利用できます。100MBの目安として、普通のテキストメールの送受信であれば(1通あたり500KB)約200通、300ページほどのウェブサイト閲覧、動画視聴であれば15分以上は可能です。

Wi-Fiを利用する

速度制限がかかっても、Wi-Fiを使えば高速通信が行えます。カフェやコンビニなどでは、無料でWi-Fiを提供している場所もあるので利用してみてください。

ただ、誰が発信しているのかわからないWi-Fiを利用することは避けてください。個人情報などのデータを抜かれる被害に遭うこともあります。

通信容量が超えないために気を付けること

通信容量を超えないために気を付けるべきことを紹介します。

まずは、Wi-Fiを活用することです。通信制限がかかったときだけでなく、日常的にWi-Fiを使うことで、データ通信量を節約することができます。

 

次に、バックグラウンドを制御するのも効果的な方法です。スマートフォンに入っているアプリの中には、使用していないときであっても、常に通信を行うアプリがあります。必要のないアプリは、バッググラウンド機能をオフにしておきましょう。

 

そして、ブラウザやアプリのデータ圧縮機能を利用することもよいでしょう。Chromeなどのブラウザには、データ圧縮機能が搭載されています。データ圧縮機能は、データ通信の使用量を大幅に少なくします。 

エンタメフリー・オプションを利用する

BIGLOBEモバイルの格安SIMであれば「エンタメフリー・オプション」というサービスがあります。このサービスは「YouTube」や「AbemaTV」などの対象のサイトであれば、速度制限がかからず無制限に通信が可能です。

格安SIMへの乗り換えを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

エンタメフリー・オプションの詳細をみる

この記事もオススメ


  • BIGLOBEモバイルのスマホラインナップをみる

    各端末の料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

    BIGLOBEモバイルの料金や
    キャンペーンをご確認いただけます。