1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 通話やLINE、Twitterもお任せ!格安SIMの低速プランを使いこなそう

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

通話やLINE、Twitterもお任せ!格安SIMの低速プランを使いこなそう

格安SIMには大きく分けて「データ通信」と「音声通話付きデータ通信」の2種類がありますが、一般的に安いプランは「データ通信」のみのプラン。
その中にもいろいろなプランがあるんです。

使用量が少ないなら「低速プラン」の選択も

「データ通信プラン」の中でも、「低速プラン」があるのをご存知でしょうか。

例えば、楽天モバイルのデータSIMには「ベーシックプラン」というものがあります。

これは、250kbpsの速度制限付きではありますが、月にわずか500円ほどで利用できるプランです。

一般的な通信速度よりは遅くなってしまいますが、大手キャリアで速度制限がかかったあとの速度は 128kbpsなので、速度制限時よりは高速に使うことができます。

テキストサイト、IP電話なら問題なし

250kbpsという低い通信速度は、ゲームや動画の閲覧には向いていません。

ですが、テキストがメインになっているサイトの閲覧など、あまり容量を必要としないものなら、問題なく見ることができます。

例えば、低速でもIP電話アプリが使用できます。

もちろん、SIMカード各社のサービス状況により通信が込み合うと、十分なパフォーマンスが発揮できないこともありますが、ワンコインで通話が可能なら、サブ機として家族との連絡用やお出かけ先で子どもに持たせたりと活用シーンが広がりますよね。

さらに、今ではコミュニケーションツールとして欠かせないLINE。

便利に使いこなせば、離れている家族とのコミュニケーションツールとして大活躍間違いありません!

※LINEを利用する場合はSMS付きのデータ通信プランをご契約いただく必要があります。

料金プランに迷ったときは『最適プラン診断』も参考に

とはいえ、最近ではどんなサイトでも動画や画像が豊富に使用されています。

ストレスなくネットが利用できるのが理想的ですよね。

格安SIMの場合、低速プランだけでなく、高速データ通信が利用できるプランも非常におトクです。

もし格安SIMの料金プランを選ぶときに迷ったら、まずはあなたの利用シーンを考えてみると分かりやすくなります。

自宅にWi-Fi環境がない場合は、高速データ通信をある程度使えるSIMがおすすめです。

BIGLOBEの『最適プラン診断』を活用すれば簡単にデータ通信料を見積もりできます。

自分に合ったプランを探してみる

 

BIGLOBE SIMに低速プランはありませんが、「データ通信のみ・3ギガプラン」なら、通信速度を気にせず3Gまで使用できます。

しかも月額900円!(LINEを利用する場合は、SMS付きのプランにする必要があるため+120円で1,020円)

例えば、1日にLINEを50回、地図アプリを3件、ニュースを15記事、ゲームを30分楽しめるなど、ライトユーザーであれば十分なデータ通信量となっています。

離れた家族とコミュニケーションの輪が広がる

格安SIMの中でも、料金が低く設定されている低速データやデータ通信料が少ないプラン。

わずか500円から1,000円ほどの価格で、IP電話、LINE、Twitterなどが手軽に始められます。

スマホを十分に使いこなせない子どもや年配の方は、低速プランで十分ということがほとんど。

離れた家族とのコミュニケーションツールとして十分に役立ってくれそうですね!
 

 
この記事を書いた人:中野友希

この記事もオススメ


  • BIGLOBE スマホの料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。
    おトクなキャンペーンも実施中です。