1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 一人暮らしに向けて節約したい!そんな時は格安SIMを活用しよう

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

一人暮らしに向けて節約したい!そんな時は格安SIMを活用しよう

新年度に向けて、就職や進学で一人暮らしを始めるという人も多いのでは?

なにかとお金がかかる一人暮らし、通信費はできるだけ安くしたいですよね。

今回は、通信費をコストダウンするための格安SIM活用法をお伝えします。

格安SIMを固定回線代わりに使おう

格安SIMというと、「スマートフォンの通信費が安くなる」ということばかりに注目されがちですが、安いからこそ外出時だけでなく自宅のメイン回線にするという使い方もできます。

通常、自宅にインターネット回線を引くと月3000円前後、さらにスマホのモバイル回線を契約すると5000円以上となりますが、格安SIMのプランで自宅と外出時の両方とも利用すれば、月数百~4000円程度と、通信費は約半額になります。

スマホとタブレットと両方接続したいという方は、モバイルルーターを購入しましょう。

SIMフリーのモバイルルーターを使用すれば、スマートフォンのテザリングを利用しなくても複数端末に接続できます。

SIMフリーのモバイルルーターは1万円前後で手に入ります。

格安SIMはこんな人に向いている

格安SIMの利用はこんな方に向いています。
 

月の通信量がそれほど多くない
 月の通信量が10GB程度で、そこそこインターネットが使えればいいという方は格安SIMでも十分快適に利用できます。

 

2年しばりがイヤ
 2年間のあいだに生活環境が変化したり、さらに魅力的な通信プランが出てきたりすることもありえます。

 格安SIMのデータプランには契約期間のしばりはありません。

  ※ただし、音声通話SIMには1年間の最低利用期間を設定している通信事業者が多いです。1年未満で解約すると解約手数料が発生します。

 

引っ越してすぐにインターネットを利用したい
 固定回線を引くと回線の開通工事が必要になるので、引っ越してすぐにネットは使えません。

 新生活でなにかと忙しい時期に、工事の立ち合いをする時間がない!という方は、引っ越したその日からネットが使える格安SIMをおすすめします。

シェアSIMを活用しよう

BIGLOBEモバイルなら、3GB以上のプランをご利用の方は、家族間で通信量を分け合うことができます。

最大4枚のシェアSIMを追加できますので、家族5人でデータ容量を分け合えることが可能です。

もちろん、住所が別々でも利用できますから、実家の家族が格安SIMを使っていて、一人暮らしをしてからも通信量をシェアしたいという方は、シェアSIMを利用すれば通信料の削減に役立ちます。

 

回線の1本化で通信費を削減

一人暮らしの家でYouTubeの動画や音楽を楽しむ、通勤・通学の電車内でニュースや友だちのインスタグラムをチェックする、カフェで仕事のメールを送受信したり、課題のレポートを仕上げたりするなど、新生活のあらゆる場面で、インターネットは必要になってきます。

格安SIMを固定回線代わりにして自宅用とモバイル用の回線を1本化できれば、大幅なコストダウンが見込めます。

ぜひ格安SIMの利用を検討してみてくださいね。

 

格安SIMで通信費を節約できる!格安SIM診断はこちら

この記事もオススメ


  • 各端末の料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBEモバイルの料金や
    キャンペーンをご確認いただけます。