1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. 格安スマホはキッズスマホになる!Googleマップを活用しよう

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

格安スマホはキッズスマホになる!Googleマップを活用しよう

2017.12.25

子どもの見守りに格安SIMが使える?

子どもの通学や習い事の行き帰り、万が一に備えて居場所が分かれば安心です。

今では現在地をお知らせしてくれる有料サービスがありますが、GPS搭載のスマホなら有料サービスに登録しなくても子ども達の居場所がわかります。

ここでは、格安SIMで活用したいGoogleマップの現在地共有機能についてご紹介します。

Googleマップの現在地共有方法を確認しよう

Googleマップの「現在地共有」機能を使えば、格安スマホでも子どもの位置情報を簡単に確認することができます。

ここでは、Googleマップの現在地共有方法の具体的な手順を確認していきましょう。

〜Googleマップを使う事前準備〜

まずは、保護者と子どものそれぞれのスマホにGoogleマップアプリをダウンロードします。以下、保護者側のスマホを「保護者スマホ」、子ども側のスマホを「子どもスマホ」としておきます。

 

保護者スマホで、保護者のGoogleアカウントでGoogleマップにログインします。この操作は、保護者のAndroidスマホですでにGoogleアカウントにログイン済みであれば、自動でアカウントが紐付けされていますのでスキップできます。

子どもスマホでも、同様に子ども用のGoogleアカウントで(なければアカウントを作成して)Googleマップにログインします。

 

Googleマップで「現在地共有」設定をしよう

子どもスマホで、Googleマップメニューを開き「現在地の共有」をタップします。

 

次に「ユーザーの選択」をタップしましょう。

共有先に保護者スマホのGoogleメールを入力して、「共有」をタップすると、保護者スマホのGoogle MAPに子どもスマホの現在地情報が表示されるようになります。

 

なお、ユーザーの選択方法は、Googleアカウントユーザーだけでなく、メールやBluetoothなど様々です。

また、このときに現在地情報の共有について、時間指定すればリアルタイムでの現在地情報を共有することも可能です。

キッズモード搭載のスマホを選ぶとさらに安心

BIGLOBEモバイルでも取り扱いのあるASUSのZenFoneシリーズならスマホ自体にキッズモードが搭載されているので、例えば子どもに使わせたくないアプリを制限したり、着信通話をブロックしたり、遊べる時間を設定したりなど便利な機能があります。

ZenFone Liveの詳細はこちら

 

ZenFone 4 Maxの詳細をみる

 

また、とにかくリーズナブルに利用したい!という人には「Alcatel PIXI 4」もおすすめ。月額420円〜利用できる格安スマホですが、SNSやメールの確認には不自由ありません。サブ機や子ども用としてもぴったりです。

alcatel PIXI4の詳細をみる

Googleマップを上手に活用して、格安SIMでおトクにキッズスマホを使おう!

格安SIMとGoogleマップを利用すれば、スマホがキッズスマホに早変わり!

格安SIMの契約を音声通話SIMにすれば、居場所の確認だけでなく、通話も問題なく使えます。

上手に活用すれば、リーズナブルに子ども達の安全を確保できますね。

 

この記事を書いた人:中野友希

この記事もオススメ


  • BIGLOBEモバイルのスマホラインナップをみる

    各端末の料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBEモバイルの料金プランをみる

    BIGLOBEモバイルの料金や
    キャンペーンをご確認いただけます。