1. TOP
  2. モバイル
  3. しむ暮らし
  4. iPhoneのメーカー整備品とは?通常のiPhoneとの違いは?

しむ暮らし
格安SIMでちょっと暮らしをゆたかに。

iPhoneのメーカー整備品とは?通常のiPhoneとの違いは?

iPhoneの整備品と新品の違いとは?

量販店やMVNOなどでApple製品の「整備品」という表記を見たことはありませんか?

「整備品」とは、メーカーが一旦出荷したものの、何らかの理由で返品された商品を独自の品質基準に沿って整備したものです。

この整備品は、Appleが新品と同様の品質であると確認した製品のため、いわゆる「安かろう悪かろう」といったものではありません。

 

基本的に整備品として販売される製品は、新商品ではなく1世代以上古い製品ではあるものの、新品と同様の品質で新品よりも安く購入できます。

また1年間の特別保証もついているため、人気商品は販売直後にすぐ売り切れになってしまうこともあります。

 

iPhoneの整備品はAppleStoreでは購入できない

新品同様のApple製品を新品よりも安く購入できる整備品。しかしMacやiPad、iPodなどの整備品は日本のApple Storeで購入できますが、iPhoneの整備品は日本のApple Storeでは販売されていないため、購入することができません。

iPhoneの整備品を日本でも入手する方法

日本でiPhoneの整備品を購入する方法は、大きく分けて2つあります。

ひとつはヤフオク!などのオークションで購入する方法。そしてもうひとつがBIGLOBEモバイルなどのMVNOで格安スマホとして購入する方法です。

ヤフオク!などのオークションで購入するには、整備品であってもそれほど価格が安くなかったり、未使用品かそうでないかの判断などが難しかったりといった場合もあります。

そこでおすすめはMVNOでの購入です。常に販売しているとは限りませんが、オークションに比べ価格も安く、1年間の特別保証もついているため、安心して利用することができます。

iPhoneの整備品を利用する際の注意点

iPhoneの整備品は格安スマホなどで購入する際も製品自体は日本向けのものではなく、海外で販売されている整備品の場合があります。そのため注意すべき点がいくつかあります。

 

1. 日本語の説明書がついていない

ただしAppleの公式サイトにユーザーガイドが掲載されているため、日本語の説明書がなくても、それほど問題はありません。

 

2. 充電器の電圧が違うため、別売りになっている

海外製の充電器は日本と電圧が違うため、そのままでは利用できません。通常、格安スマホなどで購入すると、充電器は外された状態で送付されますので、自分で別途購入する必要があります。

 

3. 日本製ではないため、仕様に違いがある

カメラのシャッター音がしない場合があるなど、日本製のものと比べ若干仕様に違いがあります。

販売情報をチェックしておトクな整備品iPhoneを手に入れよう

海外製であったり、最新バージョンではなかったり、といった点を気にしない方であれば、新品同様の製品を安価で購入できる整備品はとてもおトクです。

MVNOでは、おトクなキャンペーンを実施していることもありますので、iPhoneを安く購入したい方は、最新の販売情報を忘れずにチェックされることをおすすめします。

 

この記事を書いた人:川村龍一

この記事もオススメ


  • 各端末の料金や特長、
    スペックなどをご確認いただけます。

  • BIGLOBEモバイルの料金や
    キャンペーンをご確認いただけます。