しむ暮らし

格安SIMのあるちょっと豊かな暮らしを提案するサイト

SIMフリーiPhone 7+格安SIMでMNPを行うポイント、教えます!~その2~

さて、前回の記事ではiPhone 7の購入やMNPの手続きに関する注意点などをご紹介しました。

今回はiPhone 7とSIMが到着してからの設定や注意点をご紹介します。

iPhone 7が到着したら、データ移行を行おう!

iPhone 7が届いたら、データの移行などを行わなければなりません。

以下のポイントをチェックして、きちんと行っておきましょう。

電話帳の移行

iPhone 7とSIMカードの購入が簡単にできることはわかったけれど、電話帳の移行は簡単にできないのでは? 

そんな疑問を持っている人も多いかと思いますが、実は簡単にできるので、以下の要領で行いましょう。

ガラケー → iPhoneの場合

[用意するもの]
・新しいiPhoneで受け取れるメールアドレス
・microSDカードなど
・パソコン

[手順]
1.ガラケーで使えるmicroSDカードなどに電話帳データをコピー
2.microSDカードなどのデータをパソコンへ移行
3.各キャリアが配布している変換ツールでデータを変換
4.iPhoneで受信できるメールアドレスへファイルを添付して送信
5.iPhoneで受信したメールの添付ファイルをインポート

[キャリアが配布している変換ツールの紹介サイト]
ドコモ : 「ドコモ ケータイからiPhoneへの電話帳データの移行」
au : 「SDカードからのアドレス帳の移行」
※ソフトバンクは別のやり方を紹介しているので「電話帳などのデータを移行する(スマートフォンへの機種変更の場合)」を参照。

Android → iPhoneの場合

アップル : 「Android から iPhone、iPad、iPod touch に移行する」を参照。

アプリやおサイフケータイの事前準備としてID、PASSを確認

MNPする前に忘れてはいけないことがあるので、こちらも事前に行っておきましょう。

まず今まで使っていたアプリなどは、IDやPASSを事前に確認しておくこと。そうすればあとで慌てずにすむので、きちんと控えておきましょう。

留守電とキャリアメールについては、MNP後では聞くことも受信することもできなくなるので、忘れずに確認しておきましょう。

iPhone 7が到着したら、SIMカードを挿入!

iPhone 7が到着したら、早速SIMカードを挿入。

しかし、ここでも押さえておきたいポイントがあるので覚えておきましょう。

sim_iphone_setup_sim_03
まずはSIMを開通させるために電話をしよう

SIMカードが到着したら、開通のための電話を入れます。

BIGLOBEの場合、開通のための電話番号は送られてくる書類に記載されているので確認しましょう。

電話をしてから開通までは約30分~2時間かかりますが、その間も今まで使っていた端末は利用可能。

切り替わる間、電話が使えなくなることはないので心配はいりません。

開通の連絡などはとくに入らないので、自ら確認を行うこと。

とはいっても確認方法はいたって簡単。

キャリア側の電波が立たなくなったら開通です。

あとは新しく届いたiPhone 7にSIMカードを挿すだけ!

ただし、開通前にSIMカードを挿してしまうと、開通しても端末はSIMを認識できません。

もし先に挿してしまった場合は、一度抜いて、再度挿し直しましょう。

格安SIMでiPhoneを使うならBIGLOBEがオススメ!

BIGLOBEはiPhoneに関するおトクなキャンペーンが充実しています。

iPhone 7の購入を検討されている方は下記バナーよりぜひご確認ください!

iPhoneに関するおトクなキャンペーンやお申し込みについて詳細をみる

関連記事

 ・ SIMフリーiPhoneじゃないけど、格安SIMが使えるって本当?

  • BIGLOBE スマホの料金や特長、スペックなどをご確認いただけます。
  • BIGLOBE SIMのお申し込みはこちら。おトクなキャンペーンも実施中です。
  • ガラケーやスマホから格安SIM・スマホへ お乗換え検討中の方はこちらもご参照ください。
  • 格安SIMにすると、こんなに安くなります! 下記料金シミュレーターで、料金を比較してみましょう。
  • パソコンやスマホの実用技から、日常の雑学まで 「いまこれが面白い!」「いま使える」情報を発信。
  • スマホのわからないを解決するウェブマガジン。 スマホ比較や体験レポート、豆知識をお届け。