電話番号の同番移行(現在の電話番号の引き継ぎ)に関する注意事項

【同番移行が可能な電話番号】

同番移行
(1) auひかり電話、ケーブルプラス電話、ホームプラス電話でご利用中の電話番号
(2) NTT加入電話ご利用中の電話番号
※注意事項1へ
電話番号を発番した当時の電話サービス 同番移行
(3) 「NTTひかり電話」や「他事業者の電話サービス」でご利用中の電話サービス NTT加入電話
※注意事項2へ
NTT加入電話以外 ×
  • 同番移行を希望されない場合は、KDDIより新しい電話番号が発番されます。
    申込前に利用されていた電話番号は、お客さまご自身で休止または解約の手続きをお願いいたします。

1. 【「NTT加入電話」ご利用の場合】

  • auひかり電話に同番移行された場合、現在ご利用中の電話サービスは休止となります。
    (KDDIにて手続きを代行しますので、お客さまによる手続きは不要です。)
  • 休止の際は以下の点にご注意ください。
    ○電話番号の休止手数料がNTTより請求されます。
    ○NTT東日本・NTT西日本より休止連絡票がお客さまに送付されます。休止連絡票は、再度NTT東日本・NTT西日本をご利用の際などに必要となります。
    ○NTT東日本・NTT西日本加入電話の利用休止期間は原則5年です。NTT東日本・NTT西日本への申告にすることで6年目以降の延長が可能です。(延長を行わない場合は権利が失効となります。期間の延長についてはNTT東日本・NTT西日本にお問い合わせください。)
  • 同番移行を申し込みされた場合、auひかり電話は同番移行完了後にご利用いただけます。
    (同番移行中は2~3週間程度電話が利用できない場合があります。)

2. 【「NTTひかり電話」や「他事業者の電話サービス」ご利用の場合】

  • auひかり電話に同番移行された場合、現在ご利用中の電話サービスは解約となります。
    (KDDIにて手続きを代行しますので、お客さまによる手続きは不要です。)
  • 同番移行を申し込みされた場合、auひかり電話は同番移行完了後にご利用いただけます。
    (同番移行中は2~3週間程度電話がご利用できない場合があります。)
  • 現在ご利用中の電話サービスによっては、インターネット開通工事と同日に工事が行われる場合がございます。
  • お申し込みの回線タイプが、auひかりマンション『タイプE』もしくは『タイプF』の場合は、一旦お客さまご自身で「NTT加入電話」への切替を行ってください。(切替をお申し込みの際、切替工事料がNTTよりお客様に請求されます。)切替後に本コースをお申し込みいただければ、同番移行は可能となります。